着物のこと

スカパーと振袖

投稿日:2016年3月30日 更新日:

今週のお題「犬派? 猫派?」

 

こんばんは。私は猫派です。

 

ちなみにただいま私たちの町がスカパーの「旅猫ロマン」にてオンエア中です。

 

www.tabichan.jp

www.tabichan.jp

 

うちの猫がものすごく人好きで、誰でも寄っていって膝に座ろうとします。

 

客商売ですので、猫嫌いな方もいらっしゃるので神経使います。

 

コロコロは常備していてお客さんに渡すようにしています。(毛が付くからね)

 

美山の猫は他のお店の猫たちも愛想よいみたいで、いっそ猫カフェみたく

 

なるときもあります。猫嫌いな方は、気をつけて美山にきてね。

 

最近のケンタッキーのCMが、キレイな着物着てチキン食べるから

 

汚さないで〜って心配になります。

 

わたしたちも、振袖を取り扱うことがもちろんあるのですが

 

最近では「ママ振袖」といって、母親が着た振袖を娘が着るということが

 

取り上げられているようです。昔から当たり前にあったことですけど、

 

母親が着たものを娘用にちょっとお直しして着ることは、私たちもオススメしてます。

 

これに母親が振袖を着たときの写真が残ってて、今度は娘が着たときはこんな感じ

 

だった、と写真を残しておくと、いろんな人に喜ばれるんですよね。

 

当人たちはもちろんですが、おばあちゃんや親戚まで出てきて喜ぶんですよね。

 

母の振袖を買ったのは、だいたいおばあちゃんですから。懐かしい〜ってなりますよ。

 

身内のお祝い事をほんとに皆で喜んで祝うことができます。

 

うちでは新品振袖も販売しますが、買うことを選ぶなら3ケタ近くのものを

 

ご提案しています。最近はレンタルで写真館やら何やら込みで販売してるんですね。

 

振袖セットで29,8、39.8万円などありますが、その辺の商品は不得意です。

 

百貨店さんやチェーン店さんがちゃんとご用意してますので、そちらを勧めます。

 

振袖も、袖を切れば訪問着になるものなどありましたね。

 

できれば切ってほしくないけど。次の世代に繋いでほしい振袖を私は提案したいです。

 

50年100年後も変わらない良さがあります。今の時代にはデザインできない着物が

 

昔はたくさんあったことを父のお客さんのタンスの中を見て知りました。

 

楽しいデザインは、着物のイメージを変えましたね〜。

 

よくわからない話になってしまいましたが、ママ振袖ご相談くださいね〜。

 

着物が着るだけのモノではない。という感覚が

 

自然と伝わっている方々と御縁がありますように!

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台湾撮影クルー

台湾の撮影クルーがレトロフトへ。 こんな綺麗なモデルさんに浴衣を着させていただきました。 韓国留学中に知り合った台湾の女の子は ファッションも感覚も近かく気が合う子が多かったのを覚えています。 台湾行 …

関わる人たちの幸せに

千年経てば みんな死ぬ 怒り 悲しみ みんな死ぬ 〜どこまで〜 中村佳穂   やりたいことやる   そのためのやらなきゃならないことが山積みだけど   一個ずつ済ませて …

no image

出し手と受け手の両方に知識や文化がないと成立しない良さ

  ここ最近は逃げ恥のおかげ、ムズキュンのために生きていられる。   恋ダンスも練習してる。披露しないけど練習してる。   星野源の曲が好きだった。今売れまくってて嬉しい …

6/29~7/2の企画展のお知らせ

– – – – – – – – – – – – 2018 …

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …




最近のコメント

アーカイブ