あたまの中 着物のこと

心を豊かにしてくれるもの。

投稿日:2016年4月7日 更新日:

モノには心がある気がしていて、

捨てる時はかわいそうで申し訳ない気持ちになります。
埋立地までゴミを処分しに行った後は特にそう。
こんなたくさんのものが捨てられているんだと罪悪感でいっぱいになります。

壊れるまで、破けるまで、

使えなくなるまで10年は使いたいと思うものしか買わない、と決めました。
そんなこんなしてると
今の資本主義、消費社会に疑問が出て
そんな自分がこのままモノ売りをしてもいいんだろうかと
たまに不安になります。

ただ、モノを減らし続けて気づいたのは
「不要ものはいらない、愛着のもてるモノは買ってでも欲しい。」

ということです。
減らしに減らしたら今度は欲しいモノがでてきます。
修理してでも永く使いたいと思えるもの。
使いながら大事に育てて経年変化を楽しめるものは欲しくなるのです。
捨てる度に胸が痛かったフライパンは銅製のものを購入しました。
テフロンと比べるとだいぶ重くて、油を敷かないといけないし、高価ではあるけれど
その不便さを超えるほどの美しさ、経年変化の楽しみ、愛着がもてるので
毎日楽しい気持ちで料理ができます。
写真やキッチン用品、お洋服、雑貨にと持ち物をだいぶ処分したけれど
器と着物だけは必要最小限以上に持っています。
毎日に必要な分だけ食器置きに並べて、気が向いたら箱にしまった器と交換する。
私にとって器は触ったり、眺めたり、使ったり、心を上げてくれるものだからです。

着物はお洋服と比べると手間がかかったり、着ることに準備が必要だったりするけれど
その不便さを超えるほどの幸福感だったり、凛とした気持ちにさせてくれること
周りの誰かの為に着ることができる衣服だと思っています。
着物だからとか、高価なものだったからとかじゃなくて
どなたかの思いが詰まったものだったり
質感や色合い、着心地、デザインが好きで
それに触れると元気になったり、幸せな気持ちになれるモノ。
そんな着物を大事に永く着てもらえたら着物もきっと喜ぶだろうなと思います。





-あたまの中, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …

お電話お待ちしております。

営業日が企画展とご予約のみになってしまうお知らせをしてから ありがたいことにお客様からのお電話をいただくことが多くなりました。 ご心配のお電話だったり、お仕事のお電話だったり、 いつも気にかけてくださ …

no image

ネットで買える商品は扱わない

今後も呉服小売業を続けますが、   することしないことをもっと決めていこうと思ってます。   まず、ネットで買える商品は扱わないようにしよう。   大抵、価格の低い木綿等 …

no image

情けないほど知識と経験が無くて、しがみつきたいほどモチベーションも無い。

  知識と経験が足りない。   知識と経験が無いと仕事にならない。   知識や経験は、そのほとんどを失敗した時に積む。   しかし私の場合、好きではなく、興味が …

着物屋の仕事は忙しいのか。

『父さんの若い頃は、「副業」って言葉があってなぁ、 1人一社にしか所属できなかったんだぞ。副業禁止と言ってだな〜、』   と言うときが来たりして(子どもいないけど)   田舎の人々 …




最近のコメント

アーカイブ