しごとのこと 日々思うこと 着物のこと

小売辞めたい病に良い着物売りたい病を併発中。

投稿日:2016年11月14日 更新日:

f:id:ayarawat:20161114062440j:image

 

日曜夜20:00から真田丸のためTV前に陣取る。

 

見終わった後、すぐEテレに変えて

 

日曜美術館のアートシーンを見るのが好き。

 

全国の美術館情報が流れるのをただ眺める。

 

器や絵画のことは深く知らないが、

 

今よりも面白いものばかり。実物見たくなる。

 

久しぶりに着物の話をすると、

 

最近は鬱病的に「小売辞めたい病」だが、

 

いい着物を見ると「これは誰かに売りたい。」

 

「絶対後悔しない。誰かに持って欲しい。」

 

と、いうワクワクに駆られる。

 

お金がどうとかタンスに入らないじゃなくて、ほんとに。

 

それが結構前に出来た反物の場合が多いのだが

 

デザインが全然古くなく楽しい。

 

また白生地の質からすでにいい。

 

もうこんなデザインを着物に表現する人はいないんじゃ。

 

着物なんてたくさん持ってるわよー、って

 

言う人に勧めることはほぼないけど

 

こんな素敵な着物は持ってないやろ、と思って

 

誰かいないかと勧めたくなる。

 

ほんとにいいものは、もう鬱病忘れる。

 

もうすぐ名山営業だけど、誰かに見せたい!

 





-しごとのこと, 日々思うこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これから先に蒔く

  今の自分たちがなんとか生きていけているのは 過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。   じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、 過去の自分たちに感謝しなが …

どちらでもいい。

  喜劇でも悲劇でもいい。   どちらもエンタメ。   視聴者、わたし以外の誰か。   そんな人たちのこころが揺れ動くとき、   わたしのこころは、よ …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

レトロフトで寄席

お知らせしていたレトロフトの落語会。 先日の土曜日、賑やかな夜となりました。 林家彦一さんや立川吉笑さんなど若い方の落語寄席にお邪魔したことはあったのですが、 鹿児島県にいながら桂竹丸師匠の落語は初め …

朝ごはん

実家に帰るとふかふかのお布団に美味しいご飯。 結婚してからは特に、 なんでもない料理でも 誰かの作ったご飯はとっても美味しく感じます。 両親が共に元気でいてくれて 30過ぎても甘えさせてくれるのは あ …