着物のこと

働かないを実践中。

投稿日:

 

消費者が神様な世の中で、もちろん私たちもお客様がお金を使ってくださるので

今まで生きてこれたと思ってます。

 

そのためお客様の声はもう絶対聞かなきゃって無意識に思ってるんですよ。

なので、できませんとは言わないんです。なんとか方法を考えるんです。

そして赤字になることでもしちゃうんです。

 

それが次に繋がるお客様もいらっしゃるし、それっきりの方もいらっしゃるし。

仕事になるならなんでもしますよ〜!

という姿勢がとても危険なんだと気づきました。

 

先日の「ネットで販売している商品は扱わない」という決め事もですが、

自営業だとなんでもできると思ってなんでも手を出しちゃうんです。

休まず働くなんて誰でもできちゃうんです。

いつでも仕事のこと考えられるし。

まぁ自営なんて休みの日でも電話1本で仕事モードになっちゃうので

ほぼ常にオンなんですけど。だから精神、身体が悲鳴あげるんですけどね。

 

なので、私はあまり働かないでコストもかけずに生きてく方法を模索中です。

毎月、前半は自由に動けるようにして、16日から月末は店舗営業。

自由に動ける時にお客様に会ったり、体力仕事したり、遊んだり、身体の治療したり。

店舗営業を半分にすることで、店舗に縛られる時間は半減。

お客様の来店は、16日から月末に集中。

月末になったら店を閉めて、また来月16日に。

 

着物屋自体、そんなに世の中に必要とされてないじゃないですか。

(うちだけかもですが^^;もし仕事の依頼がたくさんあったら店は開けてるかも。)

自分たちの店舗スペースを月の前半に貸し出すこともしているので

有効活用できています。

ほんとは休みがないくらい仕事の依頼が来た方が嬉しいんですけどね。

 

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

倒れました。

  今月の頭から針治療に通い始めた。   身体がずーっと重かったからそろそろやばいと思って夫婦で通っている。   週2で行ってる。妻は週1。   良くなってくる …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …

no image

国際交流と着物。

  着物を扱うだけで。国際交流できる。   成人式の4日後には鹿児島国際大学へ出張で着付けへ行ってきました。   最近着付けばかりしています。   着物を買う、 …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

もう99%くらいのモノが必要ないんじゃないか

あけましておめでとうございます。   2017年になりました。   平成29年と聞くと、30年が来年か、「結構経ったな平成」と感じました。   28年のときは何も感じなか …