着物のこと

働かないを実践中。

投稿日:

 

消費者が神様な世の中で、もちろん私たちもお客様がお金を使ってくださるので

今まで生きてこれたと思ってます。

 

そのためお客様の声はもう絶対聞かなきゃって無意識に思ってるんですよ。

なので、できませんとは言わないんです。なんとか方法を考えるんです。

そして赤字になることでもしちゃうんです。

 

それが次に繋がるお客様もいらっしゃるし、それっきりの方もいらっしゃるし。

仕事になるならなんでもしますよ〜!

という姿勢がとても危険なんだと気づきました。

 

先日の「ネットで販売している商品は扱わない」という決め事もですが、

自営業だとなんでもできると思ってなんでも手を出しちゃうんです。

休まず働くなんて誰でもできちゃうんです。

いつでも仕事のこと考えられるし。

まぁ自営なんて休みの日でも電話1本で仕事モードになっちゃうので

ほぼ常にオンなんですけど。だから精神、身体が悲鳴あげるんですけどね。

 

なので、私はあまり働かないでコストもかけずに生きてく方法を模索中です。

毎月、前半は自由に動けるようにして、16日から月末は店舗営業。

自由に動ける時にお客様に会ったり、体力仕事したり、遊んだり、身体の治療したり。

店舗営業を半分にすることで、店舗に縛られる時間は半減。

お客様の来店は、16日から月末に集中。

月末になったら店を閉めて、また来月16日に。

 

着物屋自体、そんなに世の中に必要とされてないじゃないですか。

(うちだけかもですが^^;もし仕事の依頼がたくさんあったら店は開けてるかも。)

自分たちの店舗スペースを月の前半に貸し出すこともしているので

有効活用できています。

ほんとは休みがないくらい仕事の依頼が来た方が嬉しいんですけどね。

 

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

着物屋がなくてもいい世の中

もう着物屋がいらない世界だよね〜、 人によっては随分前からそうなんだけど。   今の世の中は「着物を着たいなぁ」って思えば、 ネットで自分で調べて買って仕立てて着られるはず。   …

分業が生むメリット

この間、効率化とか分業の話をしましたが。。。   今年の1月、着物業界では世間を騒がせた問題がありましたね。   はれのひ、ハレノヒ?問題。   多くの新成人の方々が、振 …

no image

織りの人、染めの人。

  織りの着物が似合う人、います。   染めの着物が似合う人、います。   織りの着物と染めの着物、どちらも似合う人、います。   織りの着物より、染めの着物を …

花菱小紋展

  GWもあっという間に終わりまして。   とても充実したGWを過ごしました。   昨年までは美山に店舗を構えていたのでGWも着物、雑貨、喫茶と営業しました。 &nbsp …

浴衣で落語会

今週末の楽しいイベントのお知らせです。 レトロフトで寄席なんて嬉しい! どうぞ浴衣でお出かけくださいませ。 私たちも浴衣で見に行きます。 「落語を楽しむ夕べ」 桂竹丸師匠による迷山寄席。 レトロフト主 …




最近のコメント

アーカイブ