しごとのこと 着物のこと

倒れたけど、ちょっとだけプラス思考に

投稿日:2016年11月19日 更新日:

f:id:ayarawat:20161119073144j:image

昨日、妻が店に出れないため久しぶりに私一人で店に出た。

 

外界と触れていなかったので緊張した。軽い引きこもり状態だったので。

 

40を目前にして、働かず身体を治すため一息入れられる環境に感謝。

 

はよ働かな!と焦っていた自分は半分くらいになった。

 

小売業メインの営業から脱皮して、これからどこに向かうか楽しみだ。

 

必要とされる時だけ働く。あとは遊びが仕事に繋がるような動き方をしたい。

 

引きこもりが急に店に出て仕事。おそらく今日は雨だし誰も来ないだろうと

 

思っているところにお客様が来てくださる。

 

「ありがたい〜!生きててよかった〜!」と嬉しくなる。

 

この人のために自分ができる限りのことはしたい。

 

なんかパワーが出てきた。やる気出てきた。

 

これを小さくコツコツ続けていこう。

 

目立つことはもうやめる。(小売に関しては)

 

分かる人にだけ大事につたえる。

 

分かる人にだけ伝わっていくはず。

 

小さく長く続けるために、やり方は変えていこう。

 





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高級呉服展示会

  今週末、9/9~9/11まで天文館で 呉服展示会がありまして、私たちも参加しています。   モノとして売りたいものが見つからない中、 年に数回あるこの時だけは売りたいものがある …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

no image

いつもより移動するだけで、非日常を楽しめる。

    先日、となりの県まで車を走らせて行ってきた。   確か結婚したてだったか、一眼レフのカメラを買ったときだったか。   5年以上前にここに来たことがある。   人吉城跡。             …

no image

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。   自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。   淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。   肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれから …

デザインのお仕事も。

  ここずーっとデザインのお仕事が頭の中にいる。   いつもどこか片隅にありながら、生活する。     常に考えているわけでなく。   晴れの日に漠然 …




最近のコメント

アーカイブ