しごとのこと ポエム 日々思うこと 着物のこと

手紙を書く

投稿日:2017年6月6日 更新日:

 

 

手紙を書き、切手を貼り、ポストへ投函して、

 

返事をまつ。

 

来るかこないかも分からず過ごし、

 

読まれたか、読まれてないかも分からないまま

 

忘れた頃に返事が届いて、一瞬で気分が変わって。

 

昔、当たり前だったこの事象に

 

いくつもの「間」があって、

 

それを豊かだと感じるような時代です。

f:id:ayarawat:20170606160831j:plain





-しごとのこと, ポエム, 日々思うこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

もう東京へ行かないなんて言わないよ絶対。

私たちは、余裕がないときに、東京へ行く。   金銭的にも、仕事的にも、未来に希望もないとき、   余裕がないから、何かが見つからないだろうかと思って、東京へ行く。   今 …

no image

着物の好みも細部まで様々で言いたい放題。

テレビ欄の「着物の〜」が目に留まってチャンネルを変える。 NHKで「もう一度着物にチャレンジ!」って番組。 タンスの肥やしになるより、着ましょうよ!という感じだったかな。 二部式の帯や二部式の着物、半 …

花を入れる。

先日は住んでいるところの清掃作業がありまして。   もう草木が伸びて伸びて、これからさらに伸びるでしょ。   鎌を持って、雑草を根っこのほうから刈り取る作業。だいたい1時間ほど。 …

体調回復には山あり谷あり

いつもの道を何気なく車で走っていて、   赤信号に車を停めると、窓から見えた車道脇の   雑草群が、風に揺られて、ちょうど良い感じの日が射して、   天国?のような黄金色 …

いいものは手に入らなくなる。

勝手な分析。   「いいものは手に入らなくなる。」   前々から思っていたのですが、   入らないは言い過ぎで、入りにくくなるだろう。。   陶芸家のように、自 …