しごとのこと 日々思うこと 着物のこと

あきない飽きない商い

投稿日:2017年6月6日 更新日:

続いていることが賞賛や信頼に繋がる。

 

続くことに意味もあるんだろうけど、

 

続けようと思って今の仕事に取り組むのか、

 

取り組んでいたらいつの間にか永く続いていたのか、

 

いろいろ続く要素、あると思いますが、

 

今思っているのは、

 

自分たちが面白く取り組めるように

 

変えながら

 

変わりながら

 

仕事すること。

 

商いとは「飽きない」ことだと

 

よく聞きましたけれども、

 

飽きるの早い私としては、

なんと不向きなことに従事してるんだと

 

思い続けてましたが、

同じことをしてると飽きてしまうから、

 

飽きないような取り組みをする。

 

飽きたら次、ではなく、

同じことを飽きない、飽きさせないよう続ける

 

自分たちがまず楽しむ。

 

楽しめるように変えてこう。

 





-しごとのこと, 日々思うこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

さくらがきれい

  鹿児島の町中を車で走る。   先週1週間は、ひさびさの営業で。   無事閉店セール終了しました。皆さまありがとうございました。   毎朝起きて、準備して、家 …

屋外イベントには出店しない

GWを迎えて鹿児島でもいろんな所でイベントが多く、   商売人としては稼ぎどきウィークが始まりました。   私たちの拠点であるレトロフトは4/29,30に野外イベント   …

竹取食堂 休庵の看板をつくる。

こんばんは。月がキレイです。   夜のそらがきもちいい。電気を消してただ眺めてるだけできもちいい。   ジメジメを感じてきたから除湿剤を買ってきました。   押入れに入れ …

no image

作り手

売ることが下手な作り手、 作るしか能のない作り手、 そういう人が魅力的。 なんでもできる人より、 それしかできない人の方が おもしろいもの作りそう。 これは狙って出来ない。 素で、器しか作れません。っ …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …