しごとのこと ポエム 日々思うこと 着物のこと

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

投稿日:2017年6月20日 更新日:

 

年間とおして、着物のお仕事だけで

生きていけたら幸せなんだろうか??

 

着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

細部を季節や格で変えたりするけれど。

 

だから、素材が変わる。

夏の着物は、もちろん冬と同じ形。

 

だけど、素材が変わる。

夏ならではの「透け感」が重要になる。

 

夏は、「麻、透ける正絹、汗を吸いとる綿(浴衣)」

サラッとしている肌触り

爽やかな真っ白の帯や襦袢

風を通す紗や絽の生地

 

いつでもなんでも手に入る便利な環境が

暮らしを麻痺させていくから

 

その季節のものを楽しみたい。

 

植物も、枇杷も、蓮が咲いたりとか

 

鮮やかなアロハシャツは、どこでも手に入るんだろうけど

 

あれは沖縄の太陽の光、南国の夏の光だから良くて

 

関東、北の太陽の光では鮮やかすぎて目が痛い、

 

地域や環境に合った、鹿児島ならではのものを提案したいです。





-しごとのこと, ポエム, 日々思うこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ

2017年9月に投稿しようと下書きしたままになっていた記事を見つけました。 72時間のババヘラアイスのおばあちゃんを見て早朝バイトを始めたくなったんだった!  ____________________ …

浴衣で落語会

今週末の楽しいイベントのお知らせです。 レトロフトで寄席なんて嬉しい! どうぞ浴衣でお出かけくださいませ。 私たちも浴衣で見に行きます。 「落語を楽しむ夕べ」 桂竹丸師匠による迷山寄席。 レトロフト主 …

tawarayaのこれからのお知らせ

つめたい気温がやわらぎ、   生ぬるい空にこころまで浮き立ちはじめ。   気のせいかかるくなったわたしたちも、ようやく次へ。   約四年、拠点としていた名山町の「レトロフ …

香港旅行1日目の夜

香港のことが、遠い昔のことのように。。。   あまり密に旅をするのも良くないかもね。。(香港→鹿児島→東京→長野)   いや、好きだけど。もっと旅したいけど。   書くの …

tawarayaから竹取食堂休庵へ

  六畳の普通の和室と隣接して作ったウッドデッキを使って   なんと7年以上お店を続けてきました。   そんな美山の空間を、今度は私の弟が使って商売を始めることに。 &n …