レトロフト 着物のこと

浴衣で落語会

投稿日:2017年7月24日 更新日:


今週末の楽しいイベントのお知らせです。
レトロフトで寄席なんて嬉しい!
どうぞ浴衣でお出かけくださいませ。
私たちも浴衣で見に行きます。

「落語を楽しむ夕べ」
桂竹丸師匠による迷山寄席。
レトロフト主宰
日時 2017年7月29日午後7時ー8時半まで
会場 レトロフトチトセ 1階リゼット広場  
鹿児島市名山町2−1  
Tel.099-223-5066
入場料 1000円(当日立ち見800円)





-レトロフト, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

分業が生むメリット

この間、効率化とか分業の話をしましたが。。。   今年の1月、着物業界では世間を騒がせた問題がありましたね。   はれのひ、ハレノヒ?問題。   多くの新成人の方々が、振 …

no image

たしか、着物屋をはじめる、となった時

  たしか、着物屋をはじめる、となった時   着物屋というプロを演じる。その道を歩くことを選ぶわけですが、     はじめ、知識、経験共にない。   …

減らしつづけたらどうなるの?

晴天がつづきます。   きもちのいい、掃除とかしたくなる天気ですね。   どうも、スムージー生活約2週間のひろしです。   ちなみに今晩のご飯はこちら↓   & …

no image

もっともっと、常識外れていく。

  意識の部分では、無謀と思えることをしようよ。   そしたら、無意識がバランス取ってくれるって。  

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …




最近のコメント

アーカイブ