レトロフト 着物のこと

レトロフトで寄席

投稿日:2017年7月31日 更新日:

お知らせしていたレトロフトの落語会。
先日の土曜日、賑やかな夜となりました。

林家彦一さんや立川吉笑さんなど若い方の落語寄席にお邪魔したことはあったのですが、
鹿児島県にいながら桂竹丸師匠の落語は初めて。
リゼット広場に小さな寄席ができました。
「洋」のレトロフトが一気に「和」に感じます。
私たちは立ち見席。

第一部は竹丸師匠の落語で始まり
第二部は博物館プロデューサーの砂田光紀さん、レトロフトオーナーの永井明宏さんを交えての鼎談。
(二名だと対談、三名だと鼎談と言うそうです。これも初耳。)

こちらでは落語についての豆知識もいろいろお話くださいました。
落語家さんは日本舞踊をお稽古されている方が多いそうで、
吉原の小噺が上手い方は大抵日舞もお得意な方が多いとのこと。
艶っぽい竹丸師匠の手先の動きに見とれてしまいました!
笑点の裏話だったり、着物の良さについてもお話ししてくださったり、
笑いすぎて忘れてしまったけれど
浴衣姿の方もちらほらいらっしゃって、なんともよか晩でした。





-レトロフト, 着物のこと
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

no image

最終的には、私を売ります。

  最終的には、私を売ります。   私という人間を買ってもらえるようになったら   強い!   私から着物を買うと、もれなく私という偏屈なやっかい者がつきまとい …

no image

出し手と受け手の両方に知識や文化がないと成立しない良さ

  ここ最近は逃げ恥のおかげ、ムズキュンのために生きていられる。   恋ダンスも練習してる。披露しないけど練習してる。   星野源の曲が好きだった。今売れまくってて嬉しい …

台湾撮影クルー

台湾の撮影クルーがレトロフトへ。 こんな綺麗なモデルさんに浴衣を着させていただきました。 韓国留学中に知り合った台湾の女の子は ファッションも感覚も近かく気が合う子が多かったのを覚えています。 台湾行 …

no image

情けないほど知識と経験が無くて、しがみつきたいほどモチベーションも無い。

  知識と経験が足りない。   知識と経験が無いと仕事にならない。   知識や経験は、そのほとんどを失敗した時に積む。   しかし私の場合、好きではなく、興味が …




最近のコメント

アーカイブ