しごとのこと デザインのこと 日々思うこと 着物のこと

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

投稿日:2017年8月1日 更新日:

f:id:ayarawat:20170726155055j:plain

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。

 

それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。

 

それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ、本質をかすかに捉えながら、

 

方向はだいたい間違わずに進んできたはず。

 

そして、これからは何にも執着しちゃいけないよ〜と、仕事にも執着しない発言。

 

田舎でくらすとなると、草払いの技術も必須、

 

軽トラ(ミッション)を運転する技術もいる。

 

1人が、いろんな技術をもって、町の困りごとを解決する。

 

メイン仕事が空いた時に、足りていないところに行く。

 

そんな働き方が、薩摩焼の里 美山でならできるかも、と思っている。

 

〜薩摩焼の里 美山では、竹林整備が進んでいます。〜

〜10回目だった美山窯元祭りを振り返って。〜

 

たぶん田舎は、誰でも利用できる現代テクノロジーの恩恵を受けながら

昔の暮らしへ回帰していく。

 

ものすごく極端に簡単に考えると、

都会はAIとか進んで、人手がいらなくなる。人の仕事が減る。

 

田舎は人手が重要。人が足りない。1人の仕事が増える。

なので、「着物のこともできて、竹林整備もできて、デザインもできる住民」に

 

俺はなるっ。

 

米は自作できたらいい。野菜も、もちろん。

 

田舎と都会を比べると、AIが先に進むのは都会。

 

導入コストがどんどん安くなっていけば、田舎のような中小零細でもAIが導入される。

 

人件費が高騰している飲食業界などAI化できる部分はしたいはず。

 

と、思っているから田舎に飲食店を開きます。

 

いつか人の接客が、日本人の接客が、価値になるんじゃないかと思っています。

 

そんな思っているときに↓

teriyaki.me

 

田舎で、需要がある分だけの供給にしていこうと思います。





-しごとのこと, デザインのこと, 日々思うこと, 着物のこと
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これから先に蒔く

  今の自分たちがなんとか生きていけているのは 過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。   じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、 過去の自分たちに感謝しなが …

パン屋「わざわざ」

香港の話はまだまだ書きたいのだけれど、またまた旅日誌。 全く同じ日に入籍した友人夫婦とまだ雪の残る長野へ行ってきました。   長野県をゆく/宿に着くまでを振り返る 長野県をゆく/〈 月夜の蚕 …

減らしつづけたらどうなるの?

晴天がつづきます。   きもちのいい、掃除とかしたくなる天気ですね。   どうも、スムージー生活約2週間のひろしです。   ちなみに今晩のご飯はこちら↓   & …

美山で出来た器たち

  何十年も前につくられた陶器が、今の時代に良かったりする。   この写真の皿も民藝のようなものだ。   ものの価値って人それぞれで、ゴミにしか見えない人もいれば、 &n …

これで平常運転

  台風がくるって言うと、すこしだけ嬉しい。 皆が動けなくなって止まるから。 学生の頃の、休校になる喜びと同じような。 予定していたことがキャンセルになって困るけど、 自分だけじゃなくて、ほ …