しごとのこと 日々思うこと 着物のこと

小さく小売業を続けるにあたって

投稿日:2017年8月13日 更新日:

f:id:ayarawat:20170813185108j:plain

 

本当は着物が売りたい!

 

色々考えてしまって売れなくなってしまっている。

 

小売業が辛くなってしまって、ただいま放棄している。

 

いろいろと着物に関する企画を打って販売してきた。

〜久留米のもめんをもとめて〜

〜花菱小紋展〜

〜12月の企画展〜

 

お客さんに買っていただけることがものすごく嬉しい。ありがたい。

 

だんだん私たちが販売する必要があるのか?と考えるようになった。

 

いろんな売り場があって、ネットでも実店舗でも競争しまくっていて。

 

こんなにモノが溢れているのに、売らないと生きていけないサイクルの中にいる。

 

お客さんを喜ばせることができると思って、

 

こんな帯や浴衣があるよ〜と紹介してきた。

 

でも、私たちが紹介せずともネットで紹介され、私たちが販売するより

 

価格も安くで買うことができるのだ。

 

こんなことがどんどん進んでいくことに対しては

 

自然の流れだとしか思わないからいいんだけど。

 

それを知ってしまってからは、

お客さんに損をさせてしまうと気づいた。

 

もうやめてしまって、

人手の足りない業種へシフトした方がいいんだろうけど。

 

まだもがいて小売業を続けたい。

 

小売業に未来はあるんだろうか?

 

ってほどにでっかい店でもないんだけど。

 

小さいなりに自由に生きる方法をとる。

 

小さく小売業を続けるにあたって、

 

私たちはまず、販売するものを絞ろう。

 

 

1.ネットには出てこない商品。を提案しよう。

 

2.ネットに出てたとしても、同じ価格で販売できる商品。を提案しよう。

 

3.まだこの世にない商品を提案しよう。(完全オリジナル品)

 

とすれば、扱う商品は今までよりも減ってしまう。

 

それなら販売する期間も絞る。(働く期間も絞る。)

 

<毎日、着物のことを相談できる店として店を開けていてもいいけど

いつ誰が来るかわからない場所でずっと待っているのは、時間が勿体無い。>

 

<今の時代なら、必要なとき電話やメールで約束がすぐ出来るんだから、

約束をして、お客さんが必要としてくれた時にだけ会う。>

 

<企画展の開催の時は、みなさんにお知らせして、その期間は誰でも会えるように>

 

 

で、それでも時間は空く。

 

次の新しいことを始めなきゃいけない。

 

次の時代にも選ばれたいから。

 

でも次に選ばれるのは、着物屋としてじゃなくてもいい。

 

着物も扱える、デザインもできる、写真も撮る、

 

草刈りもする、部屋掃除もする、絵も描く、金継ぎもする、

 

器も作れる、畑も耕す、

 

といういろんな武器を持った私たちが選ばれるように種をまく。

 

新しいこと、何しようかな。

 

その前に、お客さんに必要とされたい〜!誰か呼んでくれ〜!

 





-しごとのこと, 日々思うこと, 着物のこと
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台湾1週間、食事辛激。

台湾のトイレ事情にもすっかり慣れて。 「大飯店」の看板を見ても、ごはん屋ではなくホテルだとか。 あれ、しかし「〇〇酒店」もホテルっぽいぞ?とか。 30元くらい(約120円かな?)で食べるネギ餅が美味し …

no image

ブログをはじめます。

tawarayaというお店を妻と営んでいます。 妻はずっとブログを続けていますが、私は全く続かず、今度こそはとまた始めました。 着物のこと、今考えていること、書いて記録していこうと思います。

ソウルへ

——————————————&# …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …

長野県をゆく/〈 月夜の蚕小屋 〉という宿へ

  さあ、宿です。   おそらく、ここ数年のトレンドは「宿」です。   住処の供給過剰により、空き家増加、人口も減少しますから、家が余ります。   そして民泊、 …




最近のコメント

アーカイブ