企画展のお知らせ 着物のこと

ちんがら市

投稿日:2017年8月16日 更新日:


今朝から「ちんがら市」始まりました。お知らせも前日だったので、ゆっくり構えていたら

営業開始と同時にお客様が来てくださってありがたい幕開け。

紙袋を忘れてしまったり、値段付けがまだだったり、準備不足でゴメンなさい。
美山までご来店くださりありがとうございました。
お話できてとても楽しかったです。

小松屋さんのデッドストック品も並んでおります。
飾って眺めていたい、更紗やろうけつ染も届いていました。
こんな着物を着てくださる方がいたらいいなぁ。
一目惚れして手に入れた小松屋の更紗はいちばんのお気に入りです。
個性的で、色も柄も何度見ても好き。
袖を通すと自信も持てるし、元気が出ます。
どなたかにとってそんなお気に入りが見つかるお手伝いができたら幸せだろうな。





-企画展のお知らせ, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ひと息ついてもいいのかな、師走。

  企画展を終えて、   大々的に企画をうつことが合わない気がしてきたもので、   誰か一人の「ほしい」に応える形で企画をうちました。   大勢に知らせるわけで …

明日から美山窯元祭り

明日、11/3から5日まで「第32回 美山窯元祭り」です。   弟の店「竹取食堂 休庵」の隣で、 来年の干支もの雑貨を販売したり、セール品を出したりします。   お祭りの時は着物関 …

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。   それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。   それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ …

no image

情けないほど知識と経験が無くて、しがみつきたいほどモチベーションも無い。

  知識と経験が足りない。   知識と経験が無いと仕事にならない。   知識や経験は、そのほとんどを失敗した時に積む。   しかし私の場合、好きではなく、興味が …




最近のコメント

アーカイブ