しごとのこと 着物のこと

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

投稿日:2017年9月16日 更新日:

f:id:ayarawat:20170916010438j:plain

 

(↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)

 

着物屋は、こんなお仕事もあります。

 

それは「お客様のお宅に眠っている反物を生かすこと」

 

昔の話を父から何度も聞いたのですが、

 

 父が勤めていた呉服屋は、

年末年始になるとお客様宅に白生地を送っていたそうで。

 

「初荷」と言って、

新年明けたら染め見本を持ってお客様宅へ伺い、届いた白生地を

 何色の着物にしましょ?と新年の挨拶も兼ねて回ったそうです。

 

で、そんな感じでお客様は白生地を結構買っていた

(買わされていた?)のでしょう。

 

その白生地が眠っていることがよくあります。

 

今回のお客様宅でも白生地が出てきて状態が良かったので、

 

お客様に色を選んでもらって染めました。無地の着物に仕上がります。

 

下の写真は裏地(八掛)の色選び作業。

f:id:ayarawat:20170916010449j:image

 

 反物幅が狭かったけど、こちらのお客様には裄が足りそうだったので

着物に出来るなと思いご提案させていただきました。

 

ただのモノとして見れば、新品で買った方が安くつく場合の方が今は多いでしょうね。

でも、この無作為なかんじ、自分の力ではどうしようもないかんじ。

 

いつの時代に誰が買ったか、わからないけど この家から出てきたんだから

血の繋がりか若しくは親類が関わって<この反物>がここにあるのだ。

 

<この反物>はどういうわけか、今、この時に目の前に現れた。

 

そこに着物を着る人がいて初めて、<この反物>は生きるのだ。

 

自分じゃなきゃ、<この反物>は蘇らせることはできないかもしれない。

 

これは「ただ、売っているだけのモノ」では体験できないんです。

 

自宅か、じいちゃんばあちゃん家でそんな出会いをしたら、ワクワクしますよ〜。

 

f:id:ayarawat:20170916010523j:image





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

作り手には、伝えたい何かが、力が大きい。

ただいま西陣坐佐織の企画展を開催中。月曜まで。   9月にお会いしたばかりの佐竹さんに会う。 相変わらず元気で、出てくる言葉や会場で起こる事象が神がかる。 福の神のように、お客様を感動させたり、冗談を …

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。   それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。   それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ …

ブログを続けるには

  先日、ブログを書くことをオススメしましたが   わたしはなるべく毎日書こうと思ってまして。   しかしブログを毎日書くというのはなかなか大変なことですね。 &nbsp …

ごめんなさい、家に住んでますの。

  以前、「家に住まない暮らしへ移行する。」とか言ってブログを書きました。   家に住まない暮らしへ移行する。   読み返してみて、ヘンテコなブログだなぁと反省です。 & …

おすすめのGWの過ごしかた

  こんにちは。   おすすめのGWの過ごしかた、知りたい。。。   先日は、南阿蘇まで行って妻に会ってきました。     朝6時半に出て、10時に会 …




最近のコメント

アーカイブ