しごとのこと 着物のこと

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

投稿日:2017年9月16日 更新日:

f:id:ayarawat:20170916010438j:plain

 

(↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)

 

着物屋は、こんなお仕事もあります。

 

それは「お客様のお宅に眠っている反物を生かすこと」

 

昔の話を父から何度も聞いたのですが、

 

 父が勤めていた呉服屋は、

年末年始になるとお客様宅に白生地を送っていたそうで。

 

「初荷」と言って、

新年明けたら染め見本を持ってお客様宅へ伺い、届いた白生地を

 何色の着物にしましょ?と新年の挨拶も兼ねて回ったそうです。

 

で、そんな感じでお客様は白生地を結構買っていた

(買わされていた?)のでしょう。

 

その白生地が眠っていることがよくあります。

 

今回のお客様宅でも白生地が出てきて状態が良かったので、

 

お客様に色を選んでもらって染めました。無地の着物に仕上がります。

 

下の写真は裏地(八掛)の色選び作業。

f:id:ayarawat:20170916010449j:image

 

 反物幅が狭かったけど、こちらのお客様には裄が足りそうだったので

着物に出来るなと思いご提案させていただきました。

 

ただのモノとして見れば、新品で買った方が安くつく場合の方が今は多いでしょうね。

でも、この無作為なかんじ、自分の力ではどうしようもないかんじ。

 

いつの時代に誰が買ったか、わからないけど この家から出てきたんだから

血の繋がりか若しくは親類が関わって<この反物>がここにあるのだ。

 

<この反物>はどういうわけか、今、この時に目の前に現れた。

 

そこに着物を着る人がいて初めて、<この反物>は生きるのだ。

 

自分じゃなきゃ、<この反物>は蘇らせることはできないかもしれない。

 

これは「ただ、売っているだけのモノ」では体験できないんです。

 

自宅か、じいちゃんばあちゃん家でそんな出会いをしたら、ワクワクしますよ〜。

 

f:id:ayarawat:20170916010523j:image





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

久留米のもめんをもとめて

  明日からはじまる企画展のため、さっと車を飛ばし久留米へ。   行かなければ見つからない、行くと見つかる。   季節も相まって、薄い、淡い、よりも、濃く、黒く、深く、 …

これからのtawaraya

通常営業をやめてどうやってお店を営業するの? tawaraya名山は無くなるの? お話するのが楽しみだったのに残念だわ。 ご心配してくださる方からいろんなお声いただいております。 こんな小さなお店を気 …

縮図をみている。

    こんにちは。ヒロシです。   写真は「香港の美術館に着物で行って、意外と日本人(関西人)がチラホラ居て恥ずかしかった。。ヒロシ」です。     …

ストレスがある。

  ストレスがある。   今に追われてブログが書けない。。。   新天地にて、何もかも初めて尽くしで、知識や技術を蓄えるのに膨大な時間がかかりそうで辛い。。。 &nbsp …

no image

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。   自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。   淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。   肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれから …




最近のコメント

アーカイブ