しごとのこと 着物のこと

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

投稿日:2017年9月16日 更新日:

f:id:ayarawat:20170916010438j:plain

 

(↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)

 

着物屋は、こんなお仕事もあります。

 

それは「お客様のお宅に眠っている反物を生かすこと」

 

昔の話を父から何度も聞いたのですが、

 

 父が勤めていた呉服屋は、

年末年始になるとお客様宅に白生地を送っていたそうで。

 

「初荷」と言って、

新年明けたら染め見本を持ってお客様宅へ伺い、届いた白生地を

 何色の着物にしましょ?と新年の挨拶も兼ねて回ったそうです。

 

で、そんな感じでお客様は白生地を結構買っていた

(買わされていた?)のでしょう。

 

その白生地が眠っていることがよくあります。

 

今回のお客様宅でも白生地が出てきて状態が良かったので、

 

お客様に色を選んでもらって染めました。無地の着物に仕上がります。

 

下の写真は裏地(八掛)の色選び作業。

f:id:ayarawat:20170916010449j:image

 

 反物幅が狭かったけど、こちらのお客様には裄が足りそうだったので

着物に出来るなと思いご提案させていただきました。

 

ただのモノとして見れば、新品で買った方が安くつく場合の方が今は多いでしょうね。

でも、この無作為なかんじ、自分の力ではどうしようもないかんじ。

 

いつの時代に誰が買ったか、わからないけど この家から出てきたんだから

血の繋がりか若しくは親類が関わって<この反物>がここにあるのだ。

 

<この反物>はどういうわけか、今、この時に目の前に現れた。

 

そこに着物を着る人がいて初めて、<この反物>は生きるのだ。

 

自分じゃなきゃ、<この反物>は蘇らせることはできないかもしれない。

 

これは「ただ、売っているだけのモノ」では体験できないんです。

 

自宅か、じいちゃんばあちゃん家でそんな出会いをしたら、ワクワクしますよ〜。

 

f:id:ayarawat:20170916010523j:image





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

やっぱりジブリが好き。

こないだTVで見た宮﨑駿さん。   自分のことを高齢者って言いながら、高齢者ではない!   高齢者とは言われたくない感じが伝わってきた。   若者CG技術者とのやりとりな …

no image

着物屋がなくてもいい世の中

もう着物屋がいらない世界だよね〜、 人によっては随分前からそうなんだけど。   今の世の中は「着物を着たいなぁ」って思えば、 ネットで自分で調べて買って仕立てて着られるはず。   …

no image

作り手

売ることが下手な作り手、 作るしか能のない作り手、 そういう人が魅力的。 なんでもできる人より、 それしかできない人の方が おもしろいもの作りそう。 これは狙って出来ない。 素で、器しか作れません。っ …

一ヶ月経ったよ。

    こっちにきて一ヶ月。はや一ヶ月。まだ一ヶ月?   三日で辞めたくなった現在の環境ですが、続いてます。   自分褒めたい。でもまだ先が長い。。 &nbsp …

no image

ブログをはじめます。

tawarayaというお店を妻と営んでいます。 妻はずっとブログを続けていますが、私は全く続かず、今度こそはとまた始めました。 着物のこと、今考えていること、書いて記録していこうと思います。