着物のこと

やりがい感謝

投稿日:

f:id:ayarawat:20170920174501j:image

先日、お客さま宅へ寄ったときのこと。

 

「この間、あの帯を結んで出かけたのよ〜」と

嬉しそうに写真を見せてくれた。

 

写っていたのは、単衣の着物に

お買い上げ頂いた帯を合わせた着こなしでとてもステキだった。

 

こんなシーンに出会えることが嬉しい。

誰かの幸せを受け渡し、橋になれた気分。

ほんと生きててよかった〜って思える。

 

その写真は、どなたかに撮ってもらったものを

タブレットに送ってもらって、それを保存してた。

 

年輩の方でもスマホタブレット端末を使いこなすんだなぁと思いながら、

「その写真、僕にもくださいよ〜」と、私のスマホに転送してもらった。

 

早速それをセブンイレブンの端末で印刷できるアプリでL判の写真に印刷。

www.printing.ne.jp

 

一緒にレジで82円切手を買い、車の中にあった封筒とメモ帳と筆ペンを使って

かんたんに手紙を書いて、その写真を同封して、その帯の作り手さんに送った。

 

作り手さんはアナログでガラケー

 

帯を作った人と、

身につけて喜んでいる人を繋ぐ橋みたいなものに

なれるこのアナログ作業もまた嬉しい。

 

私はその写真の裏に細工をする。

あたかもお客さまが書いたかのように

「日付、場所、単衣の〇〇に合わせて」と。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

昔からあるものを、自分のものにしていく。

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。 自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。 また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。 理想は、自分 …

年末は年末らしく。

ガソリンスタンドの横にある洗車コーナー。   昨日あたりから混雑してる。   順番待ちの列ができてる。   人って可愛いなあと思う。   新年までに今年の汚れを …

no image

着物屋は今も未来もブルーオーシャン。

着物屋になるときの決め手が何個かあったのですが、 「父からの”着物屋って簡単だよ”という洗脳」も   決め手のうちの一つで、そのほかにもいろいろあって、   そのうちの一つが &n …

no image

麻を洗う。

  古い麻の着物をいただいた。   生地を愛する人からいただくものは、 古いけど、古いから、質が良いものが多い。 この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。   触って …

サタケのおやじが来られるそうで。

    先週の決算閉店セールから今日まで。   予定が詰まりすぎて大変。   ありがたいことにいろんな注文いただいたり、   またレトロフトを退去する …




最近のコメント

アーカイブ