着物のこと

やりがい感謝

投稿日:

f:id:ayarawat:20170920174501j:image

先日、お客さま宅へ寄ったときのこと。

 

「この間、あの帯を結んで出かけたのよ〜」と

嬉しそうに写真を見せてくれた。

 

写っていたのは、単衣の着物に

お買い上げ頂いた帯を合わせた着こなしでとてもステキだった。

 

こんなシーンに出会えることが嬉しい。

誰かの幸せを受け渡し、橋になれた気分。

ほんと生きててよかった〜って思える。

 

その写真は、どなたかに撮ってもらったものを

タブレットに送ってもらって、それを保存してた。

 

年輩の方でもスマホタブレット端末を使いこなすんだなぁと思いながら、

「その写真、僕にもくださいよ〜」と、私のスマホに転送してもらった。

 

早速それをセブンイレブンの端末で印刷できるアプリでL判の写真に印刷。

www.printing.ne.jp

 

一緒にレジで82円切手を買い、車の中にあった封筒とメモ帳と筆ペンを使って

かんたんに手紙を書いて、その写真を同封して、その帯の作り手さんに送った。

 

作り手さんはアナログでガラケー

 

帯を作った人と、

身につけて喜んでいる人を繋ぐ橋みたいなものに

なれるこのアナログ作業もまた嬉しい。

 

私はその写真の裏に細工をする。

あたかもお客さまが書いたかのように

「日付、場所、単衣の〇〇に合わせて」と。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

着物屋は今も未来もブルーオーシャン。

着物屋になるときの決め手が何個かあったのですが、 「父からの”着物屋って簡単だよ”という洗脳」も   決め手のうちの一つで、そのほかにもいろいろあって、   そのうちの一つが &n …

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …

パン屋「わざわざ」

香港の話はまだまだ書きたいのだけれど、またまた旅日誌。 全く同じ日に入籍した友人夫婦とまだ雪の残る長野へ行ってきました。   長野県をゆく/宿に着くまでを振り返る 長野県をゆく/〈 月夜の蚕 …

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

家に住まない暮らしへ移行する。

  家に住まない。という暮らしかたができないかと、考えている。   もう家以外の場所にいろんなものが揃っているから、家がいらないはずなんです。     習慣とか …




最近のコメント

アーカイブ