着物のこと

やりたいことがないから、需要のあるとこにいける。

投稿日:

自分のやりたいことが、

世の中の役に立つのかどうかよく分からない。

 

ただの自己満足になる可能性がある。

しかし、世の中の役に立つことは大小の組織が用意する。

そこに属して役に立てばいいとも思う。

だから個人はやりたいことを突き詰める方がいい、という意見がある。

 

じゃ、やりたいことがない人は組織に属して働いて、

やりたいことがあれば趣味でいい。

 

って考えてたら、

やりたいことがない自分が焦る。

 

いや、

やりたいことがない、を強みに

需要を見極められるんじゃないだろうか。

需要を横目で見ながら、おもしろいことをしていたいと思っていたけど、

需要をもっと見られるようになりたい。

 

 

koyamachuya.com

好きな漫画に登場するモノを再現できたら幸せだろうなぁ。

 

小売側の視点で見ると、こんな考え方を持ったメーカー担当者がいるってだけで

 扱う理由になるなと思った。

 

これからの零細小売業は「人」をみるべきだ。

 それがメーカーの人か、作っている本人か。

小売業のワクワク先が見えた気がした。





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

わたしが着たい着物割烹着

本日よりオンラインショップにて 「私が着たいキモノ割烹着」販売いたします。 初回の割烹着よりも袖口広げたり、襟ぐりを下げたり 改善して着心地にもこだわりました。 野暮ったくなりがちなリボンは細く長め。 …

分業が生むメリット

この間、効率化とか分業の話をしましたが。。。   今年の1月、着物業界では世間を騒がせた問題がありましたね。   はれのひ、ハレノヒ?問題。   多くの新成人の方々が、振 …

no image

きりん商店へ行ってきたよ。

霧島のきりん商店さんへ初めて行きました。 もう心が揺さぶられましたー。 ほんと行ってよかったー。 お店や商品はもちろん素晴らしい。 でもすごいのがご夫婦が素晴らしすぎ! あー、気持ちの良い時間を過ごせ …

昨年の夏、台湾に行きたくなったのはこれだったか。

  あっという間に正月が終わって。   平常運転。いや、いつもより着物のお仕事が多いのが1月です。   年末にお預かりした、七草に着られるお子さんのお着物のお直し。 &n …

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。   それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。   それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ …




最近のコメント

アーカイブ