着物のこと

やりたいことがないから、需要のあるとこにいける。

投稿日:

自分のやりたいことが、

世の中の役に立つのかどうかよく分からない。

 

ただの自己満足になる可能性がある。

しかし、世の中の役に立つことは大小の組織が用意する。

そこに属して役に立てばいいとも思う。

だから個人はやりたいことを突き詰める方がいい、という意見がある。

 

じゃ、やりたいことがない人は組織に属して働いて、

やりたいことがあれば趣味でいい。

 

って考えてたら、

やりたいことがない自分が焦る。

 

いや、

やりたいことがない、を強みに

需要を見極められるんじゃないだろうか。

需要を横目で見ながら、おもしろいことをしていたいと思っていたけど、

需要をもっと見られるようになりたい。

 

 

koyamachuya.com

好きな漫画に登場するモノを再現できたら幸せだろうなぁ。

 

小売側の視点で見ると、こんな考え方を持ったメーカー担当者がいるってだけで

 扱う理由になるなと思った。

 

これからの零細小売業は「人」をみるべきだ。

 それがメーカーの人か、作っている本人か。

小売業のワクワク先が見えた気がした。





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

年度末はやっぱバタバタ

  いろいろと計画的にこなしてきたはずなのに、 やはり年度末はバタバタする。 通帳記入して現金見てみて、 棚卸しして、 納品して、 請求書書いて、 お客さんいないのに1人バタバタする。 抜け …

no image

くちずさむ

おしりをだしたこいっとうしょう、   たまたま口ずさんでしまったフレーズに、「この歌詞にはどんな意味があるの?」   前の歌詞が思い出せず、調べてみたら、 「クマの子 見ていた かくれんぼ〜♫ おしり …

no image

倒れたけど、ちょっとだけプラス思考に

昨日、妻が店に出れないため久しぶりに私一人で店に出た。   外界と触れていなかったので緊張した。軽い引きこもり状態だったので。   40を目前にして、働かず身体を治すため一息入れら …

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …

no image

着物屋は今も未来もブルーオーシャン。

着物屋になるときの決め手が何個かあったのですが、 「父からの”着物屋って簡単だよ”という洗脳」も   決め手のうちの一つで、そのほかにもいろいろあって、   そのうちの一つが &n …




最近のコメント

アーカイブ