しごとのこと 着物のこと

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

投稿日:

f:id:ayarawat:20171018222020j:plain

 

いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、

それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

 

両親が小さい頃には、各家庭で、庭先で、

洗い張りのシーンが目に入ってきたらしい。

 

解いて、水洗いして、板にはりつけて、ノリをつけて乾かす。

昔は着物地を、自宅で洗っていた。

 

今よりも時間の流れが緩やかで、

 

女性の仕事というのは、本当に大変だったんだろうが、

 

当然のように仕立てができて、直しができて、

 

いつも家族が着ている着物のことだから、

 

「ちょっと丈が短くなってきたわねぇ」

 

なんて思ったら、その年末には洗い張って

 

仕立て直しなんかしてたんだろうなぁ。

 

今では見ることは全くなくなってしまった。

 

今は、

「木綿やウールは自宅で洗っていいけど、

正絹は専門のところに出した方がいいよ。」

と、自分が着るものなのに手入れができなくなってしまっている。

 

なるべく汚さないように、という緊張感が

着物姿の人の美しさを作るとも思っているが、

 

いつの間にか思考停止してて、

とにかく専門家に任せよう。

という現代。

 

別に調べなくてもいいんだ、専門家に相談すればいい。

洗い張り等を専門に日々行っているところに任せた方が合理的なのだ。

 

と、思いながらも、考えることをしなくなって

次第に人々の手から離れていった着物という存在があったりして。

 

社会はおかげさまでどんどん便利になって、合理化されて、

 

人々の衣服もほぼ統一されていって、均一化されていって、

 

おんなじように教育されて、ロボットのような人たちが

 

今日も朝起きて、昼働いて、夜寝て、また朝がくる。

 

 

「無駄」が、人間らしくて愛おしいものになっていくんだろうなー、多分。

 

 

着物から習う感覚はとても多い。

 

着て、腕を動かすだけで、

 

触れる肌から、重みのかかる場所から、可動域、袖のふるまい、

 

大股では歩けない、着物の幅で歩く、

 

時間をかけて衣服を身につけることから新体験なはず。

 

着て過ごすだけで、新発見があるのだ。

 

現代に暮らすには、不便な部分-「無駄」-ばかりだから面白い、と思ってる。

 





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

手紙を書く

    手紙を書き、切手を貼り、ポストへ投函して、   返事をまつ。   来るかこないかも分からず過ごし、   読まれたか、読まれてないかも分からない …

着物屋の仕事は忙しいのか。

『父さんの若い頃は、「副業」って言葉があってなぁ、 1人一社にしか所属できなかったんだぞ。副業禁止と言ってだな〜、』   と言うときが来たりして(子どもいないけど)   田舎の人々 …

no image

やりがい感謝

先日、お客さま宅へ寄ったときのこと。   「この間、あの帯を結んで出かけたのよ〜」と 嬉しそうに写真を見せてくれた。   写っていたのは、単衣の着物に お買い上げ頂いた帯を合わせた着こなしでとてもステ …

文章力をつけるために

〇〇だより、を定期的に出そうと決めました。 自分の文章力の無さに嫌になりますが、 習字のように書いてれば見れたものになるんじゃないかと苦手なものにチャレンジです。 若い頃は、女の子と喋れなくて彼女が出 …

ポニーメイツ

申し訳ございません。 明日19日は営業予定でしたが、都合によりtawaraya美山は休業致します。 20日〜22日までは予定通り営業致しますのでどうぞよろしくお願い致します。 今朝はポニー号が美山へや …