しごとのこと 着物のこと

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

投稿日:

f:id:ayarawat:20171018222020j:plain

 

いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、

それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

 

両親が小さい頃には、各家庭で、庭先で、

洗い張りのシーンが目に入ってきたらしい。

 

解いて、水洗いして、板にはりつけて、ノリをつけて乾かす。

昔は着物地を、自宅で洗っていた。

 

今よりも時間の流れが緩やかで、

 

女性の仕事というのは、本当に大変だったんだろうが、

 

当然のように仕立てができて、直しができて、

 

いつも家族が着ている着物のことだから、

 

「ちょっと丈が短くなってきたわねぇ」

 

なんて思ったら、その年末には洗い張って

 

仕立て直しなんかしてたんだろうなぁ。

 

今では見ることは全くなくなってしまった。

 

今は、

「木綿やウールは自宅で洗っていいけど、

正絹は専門のところに出した方がいいよ。」

と、自分が着るものなのに手入れができなくなってしまっている。

 

なるべく汚さないように、という緊張感が

着物姿の人の美しさを作るとも思っているが、

 

いつの間にか思考停止してて、

とにかく専門家に任せよう。

という現代。

 

別に調べなくてもいいんだ、専門家に相談すればいい。

洗い張り等を専門に日々行っているところに任せた方が合理的なのだ。

 

と、思いながらも、考えることをしなくなって

次第に人々の手から離れていった着物という存在があったりして。

 

社会はおかげさまでどんどん便利になって、合理化されて、

 

人々の衣服もほぼ統一されていって、均一化されていって、

 

おんなじように教育されて、ロボットのような人たちが

 

今日も朝起きて、昼働いて、夜寝て、また朝がくる。

 

 

「無駄」が、人間らしくて愛おしいものになっていくんだろうなー、多分。

 

 

着物から習う感覚はとても多い。

 

着て、腕を動かすだけで、

 

触れる肌から、重みのかかる場所から、可動域、袖のふるまい、

 

大股では歩けない、着物の幅で歩く、

 

時間をかけて衣服を身につけることから新体験なはず。

 

着て過ごすだけで、新発見があるのだ。

 

現代に暮らすには、不便な部分-「無駄」-ばかりだから面白い、と思ってる。

 





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

働かないを実践中。

  消費者が神様な世の中で、もちろん私たちもお客様がお金を使ってくださるので 今まで生きてこれたと思ってます。   そのためお客様の声はもう絶対聞かなきゃって無意識に思ってるんですよ。 なので、できま …

終わったー

    こんばんはー。ヒロシです。   無事に5連勤終わりました。   終わったー。長かったー。   捉え方によっては、   11日間中、1 …

家に住まない暮らしへ移行する。

  家に住まない。という暮らしかたができないかと、考えている。   もう家以外の場所にいろんなものが揃っているから、家がいらないはずなんです。     習慣とか …

美山で出来た器たち

  何十年も前につくられた陶器が、今の時代に良かったりする。   この写真の皿も民藝のようなものだ。   ものの価値って人それぞれで、ゴミにしか見えない人もいれば、 &n …

no image

作り手には、伝えたい何かが、力が大きい。

ただいま西陣坐佐織の企画展を開催中。月曜まで。   9月にお会いしたばかりの佐竹さんに会う。 相変わらず元気で、出てくる言葉や会場で起こる事象が神がかる。 福の神のように、お客様を感動させたり、冗談を …