しごとのこと 日々思うこと 着物のこと 美山のこと

いいものは手に入らなくなる。

投稿日:2017年10月20日 更新日:

f:id:ayarawat:20170715111213j:plain

勝手な分析。

 

「いいものは手に入らなくなる。」

 

前々から思っていたのですが、

 

入らないは言い過ぎで、入りにくくなるだろう。。

 

陶芸家のように、自分で土をこねて、成型して、窯で焼き、完成させる。

 

完全に一人で完成させられるものは、長年関わり続けることによって、

 

少しずつ技術や感性が備わり

 

いいものが作られていくんだろうなと思う。

 

それでも、現代では土をゼロから探し出すというより

 

材料屋から製品化された粘土を買うんでしょう。

 

いい器を作る人ほど均一化された材料に自分なりの調合をすると思っていますが。

 

材料が取れなくなると、今の質、技術を担保できなくなる。

 

でも、一人で完成に持っていけるものは、いいものが広く伝わりそう。

 

代わって、着物業界のものはほとんど分業制で出来上がるもの。

 

糸を作る仕事、糸を染める仕事、白生地をつくる仕事、

 

紋様を織るためのプログラムを作る仕事、

 

そのプログラムを使って実際に織る仕事、

 

自分が知らない作業が多く行われていて、どれかが欠けると

 

できなくなってしまう。もしくは質が落ちてしまう。

 

以前、東京へ行った際に伺った江戸小紋のお話。

 

型紙は何千枚とあって、大昔に彫られた型紙が今も現役で使われていて。

 

型紙は消耗品。

 

擦り切れたらもうおしまい。

 

その頃の職人でなければ彫れなかった細かい江戸小紋の型紙は、

 

擦り切れたらもうおしまい、となるそうで。

 

手間ひまかけて作っていたものは、当時の当たり前だったんだろうけど。

 

機械やらコンピュータが入ってきて、できるだけ人手をかけずに

 

似たようなものを生み出すようになって。

 

でも、その似たようなものって何かが違って。

 

デジタルと違って、簡単にコピーはできない。

 

人の手、人のセンスで生み出されたもの。

 

昔は今よりも安くで良いものが手に入りやすかったんだろうなぁ。

 

もちろん、今も良いものづくりをしている所はある。

 

文化はお金を出して買っている人が繋げてる。

 





-しごとのこと, 日々思うこと, 着物のこと, 美山のこと
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

着物屋とは呼べない着物屋。

  先々週の鹿児島での活動の売上や経費など事務作業をしている横で、 まりこは明日の自分の作業の予習をしている。 それを見ながらなんか焦る。。 明日の自分の仕事内容なんだっけ? あぁ、明日も無 …

パン屋「わざわざ」

  香港の話はまだまだ書きたいのだけれど、またまた旅日誌。 全く同じ日に入籍した友人夫婦とまだ雪の残る長野へ行ってきました。   長野県をゆく/宿に着くまでを振り返る 長野県をゆく/〈 月夜の蚕小屋 …

やりたくないことを省く。

  暑い日が続きますね。。ヒロシです。   最近のハードワークで、なかなか文章を書くことが厳しくて。。   以前に書いてた下書きを漁っています。   今日は20 …

キッチンカウンターを作る

5月の営業も昨日で終了。 最終日にお客様から嬉しいニュースも聞けていい営業日になりました。 ご来店くださった皆様いつもありがとうございます。 生活を楽しむ。 ここ最近の目標です。 わたしたちの住む県営 …

修理するより、新しいもの買った方がいい?

(↑美山マップを3、4年前からずっと更新したりして作ってます。 美山で配布されています。 若い人に来てもらいたい。という思いでカラフルに、 カジュアルに、敷居を低く、作っちゃったら、 400年の歴史あ …




最近のコメント

アーカイブ