着物のこと

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

投稿日:

f:id:ayarawat:20171020093834j:plain

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。

 

自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。

 

淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。

 

肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれからの出番。

 

白と紺の2色。

 

心が踊る衣服を買っていると、

 

着ていない時間、も重要になる。

 

冬服は、春夏がくるとケースの中に眠らせる。

 

あれだけ心弾んで買って着ていたのに、春夏には冬服のことを忘れてる。

 

そして、冬が近づくと

 

ケースから目を覚まさせる。

 

忘れてたもんだから、また心が踊る。

そういえばこんないい服を着てたな〜って。

 

そして今年の冬もまた心が弾む服をまとって外へ出かけるんだ。

 

もちろん、春夏に楽しんだ衣服はまたケースに仕込んだ。

 

来年の春夏も踊らせてくれるのだ。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

働くを見直す

  2016年の3月に書いた記事が、下書きに残ってた。   あとで読み返すと面白いのであげておこうと思います。 最近ハマっていることは、断捨離です。   私も妻もここ数年 …

いいものは手に入らなくなる。

勝手な分析。   「いいものは手に入らなくなる。」   前々から思っていたのですが、   入らないは言い過ぎで、入りにくくなるだろう。。   陶芸家のように、自 …

6/29~7/2の企画展のお知らせ

– – – – – – – – – – – – 2018 …

遅れをとった

  出遅れてしまった。   方向転換をスムーズにできるように整えておくべきだった。   遅れ分を取りもどす。

これで平常運転

  台風がくるって言うと、すこしだけ嬉しい。 皆が動けなくなって止まるから。 学生の頃の、休校になる喜びと同じような。 予定していたことがキャンセルになって困るけど、 自分だけじゃなくて、ほ …




最近のコメント

アーカイブ