着物のこと

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

投稿日:

f:id:ayarawat:20171020093834j:plain

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。

 

自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。

 

淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。

 

肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれからの出番。

 

白と紺の2色。

 

心が踊る衣服を買っていると、

 

着ていない時間、も重要になる。

 

冬服は、春夏がくるとケースの中に眠らせる。

 

あれだけ心弾んで買って着ていたのに、春夏には冬服のことを忘れてる。

 

そして、冬が近づくと

 

ケースから目を覚まさせる。

 

忘れてたもんだから、また心が踊る。

そういえばこんないい服を着てたな〜って。

 

そして今年の冬もまた心が弾む服をまとって外へ出かけるんだ。

 

もちろん、春夏に楽しんだ衣服はまたケースに仕込んだ。

 

来年の春夏も踊らせてくれるのだ。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

ブログを続けるには

  先日、ブログを書くことをオススメしましたが   わたしはなるべく毎日書こうと思ってまして。   しかしブログを毎日書くというのはなかなか大変なことですね。 &nbsp …

さぁ、小売業どうしよ。

  美山窯元祭りも無事に終了しまして、皆様ありがとうございました。   今年から弟のごはん処がメインになりまして、テイクアウトできるようにして   竹林の中で食べてもらえ …

no image

やっぱりジブリが好き。

こないだTVで見た宮﨑駿さん。   自分のことを高齢者って言いながら、高齢者ではない!   高齢者とは言われたくない感じが伝わってきた。   若者CG技術者とのやりとりな …

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …

no image

たしか、着物屋をはじめる、となった時

  たしか、着物屋をはじめる、となった時   着物屋というプロを演じる。その道を歩くことを選ぶわけですが、     はじめ、知識、経験共にない。   …