しごとのこと 着物のこと

昔からあるものを、自分のものにしていく。

投稿日:2017年10月21日 更新日:

f:id:ayarawat:20171020092222j:plain

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。

自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。

また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。

理想は、自分の丈に直すこと。

直して、自分に合わせて、使う。

自分の親、祖母、会ったこともない誰かのもの

そのまま着る良さもあれば、ひとつ自分の意思で手を加えたものにする良さ。

茶碗でも、誰かが使っていたものに少しの欠けがあれば、

漆で継いで、それを使う。

次は誰の手に渡るか、わからないけど

確実に自分の景色が加わって、それは次へ行く。





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台湾撮影クルー

台湾の撮影クルーがレトロフトへ。 こんな綺麗なモデルさんに浴衣を着させていただきました。 韓国留学中に知り合った台湾の女の子は ファッションも感覚も近かく気が合う子が多かったのを覚えています。 台湾行 …

no image

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。   自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。   淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。   肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれから …

本日、美山の朝マルシェですよ。

今日も良い天気でした。   しかしこの間の桜島のドカ灰が留まったまま。 どの車を見てもグレーがかってる。 この晴天では、風が吹くと灰が舞い上がる。 こんなとき降ってくれたら、といつも嫌がる雨 …

接客業が好き。

まりこです。   朝7時に出勤し、朝食のレストランに立って、   落ち着いたら売店へ   その後はフロントでチェックアウト。   ロビーのお掃除をしてお昼休憩。 …

着物屋とは呼べない着物屋。

  先々週の鹿児島での活動の売上や経費など事務作業をしている横で、 まりこは明日の自分の作業の予習をしている。 それを見ながらなんか焦る。。 明日の自分の仕事内容なんだっけ? あぁ、明日も無 …




最近のコメント

アーカイブ