しごとのこと 着物のこと

昔からあるものを、自分のものにしていく。

投稿日:2017年10月21日 更新日:

f:id:ayarawat:20171020092222j:plain

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。

自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。

また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。

理想は、自分の丈に直すこと。

直して、自分に合わせて、使う。

自分の親、祖母、会ったこともない誰かのもの

そのまま着る良さもあれば、ひとつ自分の意思で手を加えたものにする良さ。

茶碗でも、誰かが使っていたものに少しの欠けがあれば、

漆で継いで、それを使う。

次は誰の手に渡るか、わからないけど

確実に自分の景色が加わって、それは次へ行く。





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スカパーと振袖

今週のお題「犬派? 猫派?」   こんばんは。私は猫派です。   ちなみにただいま私たちの町がスカパーの「旅猫ロマン」にてオンエア中です。   www.tabichan. …

no image

麻を洗う。

  古い麻の着物をいただいた。   生地を愛する人からいただくものは、 古いけど、古いから、質が良いものが多い。 この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。   触って …

no image

どちらもできた方がいいよね。

どちらがいいとか、悪いとかではなく、 サラリーマンも自営業も出来た方がいいだろうなと思ってます。 自営業だけに縛られなくていいし、サラリーマンだけに縛られなくていい。 「働きかた改革」なんてこういうこ …

物欲ない私が最近買ったモノ その1

  ホリエモンの本を買いました。   ここ最近の気になる人です。   キングコングの西野さんも。   なぜ買ったか?   次の時代感をこの2人から感じ …

着物屋の仕事は忙しいのか。

『父さんの若い頃は、「副業」って言葉があってなぁ、 1人一社にしか所属できなかったんだぞ。副業禁止と言ってだな〜、』   と言うときが来たりして(子どもいないけど)   田舎の人々 …




最近のコメント

アーカイブ