しごとのこと 着物のこと

昔からあるものを、自分のものにしていく。

投稿日:2017年10月21日 更新日:

f:id:ayarawat:20171020092222j:plain

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。

自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。

また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。

理想は、自分の丈に直すこと。

直して、自分に合わせて、使う。

自分の親、祖母、会ったこともない誰かのもの

そのまま着る良さもあれば、ひとつ自分の意思で手を加えたものにする良さ。

茶碗でも、誰かが使っていたものに少しの欠けがあれば、

漆で継いで、それを使う。

次は誰の手に渡るか、わからないけど

確実に自分の景色が加わって、それは次へ行く。





-しごとのこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あきない飽きない商い

続いていることが賞賛や信頼に繋がる。   続くことに意味もあるんだろうけど、   続けようと思って今の仕事に取り組むのか、   取り組んでいたらいつの間にか永く続いていた …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

自営業で生きて10年

この部屋ではない、隣か、どこかわからないが、   かすかな音が規則的に続いて止まないもので、   慌ててケータイを探すが、そもそもポケットに入っている。   窓の開いた網 …

美山で出来た器たち

  何十年も前につくられた陶器が、今の時代に良かったりする。   この写真の皿も民藝のようなものだ。   ものの価値って人それぞれで、ゴミにしか見えない人もいれば、 &n …

no image

たしか、着物屋をはじめる、となった時

  たしか、着物屋をはじめる、となった時   着物屋というプロを演じる。その道を歩くことを選ぶわけですが、     はじめ、知識、経験共にない。   …