ポエム 日々思うこと 着物のこと

あえて不便を生活に取り入れる。

投稿日:2017年10月27日 更新日:

f:id:ayarawat:20171020092317j:plain

 

前回、抱えてたものを手放すことを書いた。

 

手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、

 

不便なものを入れてみることを提案する。

 

私の場合、不便といえば「着物」です。

 

「目に見える」「わかりやすい」楽しめるものは、いろんな場所に揃ってきた。

 

欲が深い我々は、また昔を振り返って

 

「目に見えない」「わかりにくい」ものを楽しむようになるのでは。

 

現在も着物柄にもよく使われる「源氏香」という柄がある。

 

「源氏香」は、昔のゲーム。

 

5つのお香の香りをひとつずつ順番に嗅ぎ(香道では”聞く”と言いますが)

 

最初に嗅いだ香りと、3番目が一緒だったはず。とか、

 

5つ全部違った、とか答え合わせをするゲーム。

 

嗅いだ香木を横に5本並べる。

 

5つとも違えば、下記の通り。

 

それぞれ1つずつ違う香りでした、と回答する。

f:id:ayarawat:20171027085537p:plain

 

2番目に嗅いだのと、4番目が一緒で、3番目と5番目が一緒だったよね。1番目は単独でした。なら、

 

f:id:ayarawat:20171027085825p:plain

となる。

 

5種類の香木を各5包ずつ(計25包)用意するので、

 

このゲームは全部で52通りの答えが存在する、ようです。

 

それを、源氏物語五十四巻のうち桐壷と夢浮橋の巻を除いた五十二巻にあてはめる。

 

f:id:ayarawat:20171027090033p:plain

 

そして、答えは柄を見て、源氏物語のどの巻名なのか、答える。

 

ここで巻名で答えるところがオシャレです。

 

そして、多分上級者は、巻名が入った句を詠んだり。

 

さらには、その巻の内容を想起させるような歌を詠み、

 

間接的に正解を告げるようなことをしてたんでしょうね。

 

その歌を聴いて、あぁ、正解。ってわかる人たちの集まり。

 

わかる人だけが楽しめるゲーム。

 

日本文化のいいところ。

 

はっ、タイトルが全く関係なくなりましたが

 

不便や、合理的の反対にあるもの、無駄のようなものが、こころを豊かにする。

 

ギャラリーやホテルのロビーにある何もない空間、

 

一見すると無駄な空間。それがゆとりを生んでる。

 

不便に包まれたときに、便利だったことを知る。

 

着物を着て、不便を身体で体感してほしい。

 

体感しないと知ることのできないことを私も集めよう。

 





-ポエム, 日々思うこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

淡交

価値観が違って当然。   価値観の違う人同士で話してておもしろい。   「あぁ〜、そんな風に捉えることもできるね〜」 と感心して勉強になる。   多様性ってことは、相手の …

接客業が好き。

まりこです。   朝7時に出勤し、朝食のレストランに立って、   落ち着いたら売店へ   その後はフロントでチェックアウト。   ロビーのお掃除をしてお昼休憩。 …

さぁ、小売業どうしよ。

  美山窯元祭りも無事に終了しまして、皆様ありがとうございました。   今年から弟のごはん処がメインになりまして、テイクアウトできるようにして   竹林の中で食べてもらえ …

あたらしい仕事をはじめる。

ただ息をしているだけなんですが、   生きている。というと、   前を向いている感、プラス思考なイメージを言葉から受けるのですが。   ほんとにただ、生きている、仮に「死 …

no image

倒れました。

  今月の頭から針治療に通い始めた。   身体がずーっと重かったからそろそろやばいと思って夫婦で通っている。   週2で行ってる。妻は週1。   良くなってくる …