しごとのこと ポエム 着物のこと

12月のポエム

投稿日:2017年12月4日 更新日:

f:id:ayarawat:20171204212216p:plain

f:id:ayarawat:20171204212221p:plain

今週末は美山にて、来週は名山にて企画展を開催します。

—————————————————————-

<企画展>

もめん、久留米絣と、

大分に眠る染物と、我が家に眠る反物。

美山

2017/12/9,10

〒899-2431 鹿児島県日置市東市来町美山1687-1

open 11:00~16:00 close

名山

2017/12/12,13

〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町2-1 レトロフト1F

open 11:00~18:00 close

—————————————————————-

ひさびさの営業です。

 

お客様に来ていただけるか心配。いつものことです。

 

昨年まで「ちんがら市」と言って在庫セール企画をしていたのですが、

 

今回は大分で営業していた呉服屋さんが店じまいということで、

 

私たちの好きな「小松屋」の商品が眠っているという情報を聞きつけ、

 

取り寄せることに成功したというような、そんなことがありまして。

 

そして、明日には久留米へ朝早うに出て反物を漁ってこようと思います。

 

大分の染物は良いのがあるのか、まだわかりません。

 

いつでもあるものには、興味がいかないじゃないですか。

 

本当はいつでも手に入るなんて、とても豊かなことなんでしょうが。

 

いつでも手に入ると思っていたものが、

 

ふっと無くなってしまうことが多い着物業界です。

 

常時営業ができなくなったように。

 

いつのまにか消えてなくならないよう、

 

小さい炎で燃え続けるつもりです。

 





-しごとのこと, ポエム, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日常から離れたものは

  こんにちは。ヒロシです。   上の写真は、土管とかも陶器でつくってた常滑で撮った写真です。     日常から離れてしまったものは、後回しになるよね。ってお話 …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

着なくなった着物が再生するときもまた喜びが生まれる。

——————————————&# …

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …

ひとりじゃないから、ひとりになれる。

こんばんは。   朝晩、とても寒いのですが。。。   GWってこんなんでしたっけ?? まだ灯油が必要だったんじゃないかってくらい寒い。。   さて、美山での大工仕事も今日 …