日々思うこと

頭にあることはあまりかわらない。

投稿日:2018年1月21日 更新日:

 

昨年の中盤、たしか病んでました。

 

そんな時に書いた文章は、「これ、ほんとに自分が書いたの??」と

 

疑うことが多く、驚かされます。

 

そんな文章の一つです。↓

 

真っ暗闇では、ほんの小さな光でも、明るく、頼もしく感じるものです。

 

私の仕事はなんでしょうか。

 

それをいつも考えながら仕事をしています。

 

仕事がないときも考えています。

 

誰かの役に立ちたい。

 

底辺の部分にあるのは、それだけ。

 

必要とされなければ消えてなくなるだけ。

 

こちらが声をあげて

 

気付いてもらうように働きかけることは

 

今の世の中ではうるさい気がしてしまう。

 

無駄なものの中に豊かさや幸福がある。

 

合理的の延長にはロボットと同じ暮らししかありません。

 

不必要なところに注げる熱いものが、人間らしくて、その人らしさ。

 

誰にでもわかってしまうような価値なんて、くだらない。

 

自分だけの価値を胸に、堂々とすればいい。

 

その姿勢は、人に力を与える。

 

タダ働きは嫌です。対価に見合った働き方をしたい。

 

着物のこと全般、ご相談ください。

 

と、ありふれた言葉になってしまいます。

 

着物の相談事は、ただのモノとしては考えにくいのです。

 

人の思い、が形になっていることが多いです。

 

誰かのお祝い、結婚、出産、成人、洒落着と礼装、人との関係性など。

 


 

ひどい。。。けど、なんか良い。

 

最近は回復したのでしょう。

 

よかった、自分。

 

そして、最近書こうとしていた文章。↓

 

——————————————————————————————-

 

真っ暗だと、

 

ほんの小さな灯りでも、

 

明るく感じる。

 

だんだん目が慣れていって、その暗さが当たり前になっていく。

 

もうなんでもかんでも光を当てすぎよ。

 

 

なんで闇にまで光を当てるのよ。

 

暗いところがあるから、光の輝きが増すのに。

 

また自分で光り過ぎよ。

 

自分でガンガンに光るもんだから、

 

もう眩しくて見てらんない。

 

 

見て!見て!って光ると、

 

光ってるように見せてると、

 

見たくなくなるのよ。

 

すぐ気づくくらい光ってるから、たくさんの人が見てるはずよ。

 

だから私は見る必要ないはずよ。

 

なので、見ないで〜見ないで〜って

 

している人を、見たい。

 

なかなか見れませんけど。

 

なんでも簡単にしすぎだし、わかりやすくしすぎ。

 


 

おねえ言葉になってる。。。回復してるのかしら。。

 

f:id:ayarawat:20180111093800j:plain

 

 (振袖の着付け練習に付き合った時の貴重な写真です。2018.1.5ごろ)





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

no image

営業についてのお知らせ

いつもtawarayaをご利用いただき誠にありがとうございます。 毎月16日から月末まで名山町レトロフトにて営業しておりましたが、 これからは、ご予約の方の接客を優先にさせていただき 店舗営業は企画展 …

長野県をゆく/〈 月夜の蚕小屋 〉という宿へ

  さあ、宿です。   おそらく、ここ数年のトレンドは「宿」です。   住処の供給過剰により、空き家増加、人口も減少しますから、家が余ります。   そして民泊、 …

1日2食生活に変わり約1ヶ月。

  ヒロシです。   1日2食生活をはじめて、約1ヶ月は経ったのかな。 食事は決まってる。   独身のひとり暮らしのような生活も、もうすぐ1ヶ月。   いつもの …

墨田長屋を書くよ、ゲストハウス その2

  もう散々急かされて、   妻に散々急かされて、   呉服展示会とかあってバタバタだったけど、   やっと墨田長屋、書くよ。   記憶、辿るよ。 & …

家に住まない暮らしへ移行する。

  家に住まない。という暮らしかたができないかと、考えている。   もう家以外の場所にいろんなものが揃っているから、家がいらないはずなんです。     習慣とか …