しごとのこと 着物のこと 美山のこと

薩摩焼の里 美山では、竹林整備が進んでいます。

投稿日:2018年1月24日 更新日:

f:id:ayarawat:20180122014202j:plain

 

薩摩焼の里 美山では、竹林整備が進んでいます。

 

この取り組みは、美山地域に関わる人たちで行われています。

 

ある人は、美山で飲食店を営みながら、休みの日に竹を切る。

 

ある人は、大学生。学びながら、時間のあるときに竹を切る。

 

ある人は、窯元で働く職人さん。趣味と仕事の間に竹を切る。

 

ある人は、定年退職後の大先輩。美山の景観整備に竹を切る。

 

皆さん、時給が発生し、竹を切り、竹林を整えています。

 

経験を積み、知識を増やし、スピードが上がり、能力アップしています。

 

青竹は買取ってもらえるので、軽トラに積んで買取り事業所まで運びます。

 

現在は、この事業のために出ているお金で運営していますが、

 

これが地域に根付くように、予算が無くなってもお金を生む仕組みを考え中です。

 

青竹も売るし、筍も売るし、竹炭も作って売るし、色々して

 

予算に頼らないで、良い景観を作り、循環する仕組みを作ろうと

 

美山地域の有志で取り組んでいます。

 

 

前回書いたように、

 

私たち二人は、何もかもが普通よりも劣っていて、

 

早くそこから抜け出せたら幸せだなという環境で過ごしていました、約10年。

 

ど底辺にいる人間が、「良きもの」「呉服」を販売する職を務める。

 

矛盾、不釣り合い、不向き、不信、不可思議、と。

 

もちろんお客様から言われることはありませんが。

 

私たちは客観的に植え付けられて、拭おうとしながら、付きまとわれて。

 

案の定、誰もが抱えるストレス、身体の不調、夫婦の言い争い、

 

親子げんか、等で心を擦り減らしながらも動き続け、

 

なぜこんな辛い目に遭いながらもこの道を行くのか。

 

ただ言われたことをやっていれば生きていける世界が羨ましく。

 

考えても上向きにならない場所に居座りながら。。。

 

しかし救いがちゃんとあって。

 

二人して「良きもの」が好き。

 

食欲よりも美術館の入館チケットを優先するような人間だったこと。

 

うわべの煌びやかではなく、奥に眠る、秘めるものの良さに目が向けられたこと。

 

二人の価値観が一緒だったことが、何より幸せに結びついている。

 

振り返るほど、歴史がない。

 

と言い続けてきましたが、

 

振り返ると、

 

ほんの薄っぺらい私たちの軌跡が

 

面白くて、愛おしい。

 





-しごとのこと, 着物のこと, 美山のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

1年前は1日3食だったみたい。

  こんばんは。   今週あたまの雨風が強くて梅雨みたいな春一番みたいな悪天候を抜けて。 今日の天気はもう新緑も過ぎて夏前を感じるような。 安定した天気になりそうな。 そんなことを …

朝日新聞掲載いただきました。

もう先々月になりましたが、10/27付の朝日新聞の「」欄に掲載していただきました。   ちょうど窯元祭りの前に美山のことをPRして頂けるというお話があり、   また記者さんの「竹林 …

no image

着物屋は今も未来もブルーオーシャン。

着物屋になるときの決め手が何個かあったのですが、 「父からの”着物屋って簡単だよ”という洗脳」も   決め手のうちの一つで、そのほかにもいろいろあって、   そのうちの一つが &n …

no image

世界中を駆け巡りたい、なんの能力もないけど。

この歳になって(約40歳〕やりたいことが少し見えた。 世界中を駆け巡りたい。 英語喋れないけど。 海外怖がってるけど。 お腹すぐ壊すけど。 役立つ能力を全く身につけず生きてきたけど。 あ、 着物を畳む …

ひと息ついてもいいのかな、師走。

  企画展を終えて、   大々的に企画をうつことが合わない気がしてきたもので、   誰か一人の「ほしい」に応える形で企画をうちました。   大勢に知らせるわけで …




最近のコメント

アーカイブ