お出かけ

光風の茶会へ

投稿日:2018年2月11日 更新日:

 今日は沈壽官窯の「光風の茶会」へ。
毎年梅が綺麗に咲く2月初めに友の会の方向けに開催されています。
沈壽官窯の友の会の会費は3000円。
オリジナルカレンダーと年に4回の会報が届き、この茶会にも参加ができます。

昨年は立礼のみ参加させていただいたので、初めての参加。
茶会の会費は5000円です。
受付をすませると、このようなチケットをもらいます。
本席、立礼、記念品、お昼ご飯、収蔵庫見学、絵付け券がついています。  本席の時間のみご指定いただいて、このチケットを使って自由に行動できます。
指定していただいた本席の時刻まで余裕があったので先にお弁当をいただきました。
鶴家さんのお弁当、とっても美味しかったです。 お腹いっぱいになったところで、
知人にばったりお会いしたので一緒に立礼のお席へ。
テントで黒薩摩の火鉢にあたりながら、あったかい甘酒を頂戴しました。
お客様が暖まれるようにこの火鉢が待合やお庭にいくつも置いてあります。
末富のお干菓子と美味しい薄茶をいただいて、次は本席へ。
 参勤交代で島津のお殿様たちが1泊目にお泊まりした御仮屋として使われていた建物。
待合には島津光久の描いた軸絵と小松帯刀の作った薩摩琵琶。
明石家の透かしの主菓子とまたまた美味しい薄茶。
ずっと眺めていたくなるようないいお茶碗が並びます。
本席も立礼もお茶席の写真は控えて目に焼き付けてまいりました。
最後に絵付けの体験をして、収蔵庫を見学。
お茶室も、茶碗も、香合も、お点前も、お庭も、空気も、
そして十五代のお話もどれもが素晴らしくて
それはそれは贅沢な時間を過ごすことができました。

最後にいただいた記念品のぐい呑。
戌年の私にはとても嬉しいお品でした。
何日もかけて準備をして客をもてなす。
お客様を楽しませることができる事は
いつの時代も素晴らしいことだなぁと改めて感じる1日でした。
私たちには何ができるかしら。
来年も必ず予約したいと思います。





-お出かけ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

奈良と大阪

台湾にきてもうすぐ1週間ですが、 その前に日本でも刺激をたくさんいただきまして。 すこし振り返っておこうかなと。 まず、12/3の朝に亀山市を出発しまして。 奈良のお店へ向かいました。 お店は「 St …

してやられる。

台中の誠品書店ってところにて。 誠品書店は、TSUTAYAが店舗デザインを参考にしたらしいんですけど(誰から聞いたんだろ?) センスの良いお店が並んでて。 そのうちのどこか一店舗の前を通ってるとき、 …

長野県をゆく/〈 月夜の蚕小屋 〉という宿へ

  さあ、宿です。   おそらく、ここ数年のトレンドは「宿」です。   住処の供給過剰により、空き家増加、人口も減少しますから、家が余ります。   そして民泊、 …

ダイエーブログ。

  香港旅行のことを書こうと思ってはいるんです。   しかし、わたしはダイエーに行ってきました。     なぜダイエーに行ったのか?話せば長くなるので割愛します …

ひと息ついてもいいのかな、師走。

  企画展を終えて、   大々的に企画をうつことが合わない気がしてきたもので、   誰か一人の「ほしい」に応える形で企画をうちました。   大勢に知らせるわけで …




最近のコメント

アーカイブ