着物のこと

最終的には、私を売ります。

投稿日:2018年2月15日 更新日:

f:id:ayarawat:20180215223323j:plain

 

最終的には、私を売ります。

 

私という人間を買ってもらえるようになったら

 

強い!

 

私から着物を買うと、もれなく私という偏屈なやっかい者がつきまといます。

 

本当には付きまといませんが、

 

あなたの人生の隅っこで、

 

私という着物屋さんは

 

生き続けます。

 

あなたが私からお買い上げ頂いた着物は、

 

あなたが着物を着るとき、

 

「この着物を買ったとき、偏屈着物屋さんで、

 

今〇〇とかしてるんだよねー、ウケるー。」という記憶がくっついてきます。

 

ただの着物ではなく、私から買ったのですから。

 

困った人から買ってしまった、、、でもいい。

 

あなたの人生の隅っこに生き続けます。

 

やっかいですよ。

 

もう着物屋じゃなくて、お米屋になっているかもしれません。

 

お米屋じゃなくて、香港とかで映画俳優になっているかもしれません。

 

映画俳優じゃなくて、日本のどこかで筍掘り名人になっているかもしれません。

 

そんな私からお買い上げいただいたお客様、

 

呼べば来ますよ。

 

インターネットのようにすぐは無理でも。

 

あなたが呼べば、

 

私、行きます。

 

ケータイとか番号変わるかもしれませんが、

 

このようなブログとかは続けます。

 

呼んでください。

 

呼んでくれないと、映画俳優の道へ行くかもしれません。

 

私は飽きっぽい。

 

どうぞ甘えさせてください。

 

www.ayarawat.com





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

私という着物屋は偏っている。

私が思っていた「良い着物屋」とは何だったのか?   ・「欲しい人に欲しいものをちゃんと届ける」 ・ 下品なことをしてはならない。 ・ 着物にふさわしい人になろう。 ・ この人から買ってよかったと思われ …

no image

麻を洗う。

  古い麻の着物をいただいた。   生地を愛する人からいただくものは、 古いけど、古いから、質が良いものが多い。 この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。   触って …

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。   それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。   それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ …

no image

ブログが勉強になる。

ここ最近いろんな人のブログを眺めてて、この人の考え方とか文章とか好きです。 inkyodanshi21.com 今まで誰かのブログって読むことなかったんですが、 ブログって面白いんだなぁと最近ハマって …

きりとる

  そのときを切り取る。   自分のブログを読み返すだけでおもしろい。   そのときを切り取って残しておくことはおもしろいんだなと改めて。   こんなことを思っ …