お出かけ 世界のホテル 香港行く人読んでほしい

香港の宿 Kowloon New Hostel

投稿日:2018年3月7日 更新日:

ただいま!

3泊4日の香港の旅。

無事に帰って参りました。

振り返ってみると完全にバックパッカー。

「アジアを旅するときはボロボロの捨てる洋服を持って行って、

旅先で処分しながら荷物を減らす。」

という誰かの話が印象に残っていて今回はそれを実践。

断捨離でさよならする袋からズボンと、シャツとボロボロの下着を3日分用意。

靴下も穴が空いたものを少しずつ集めておりました。

歯ブラシと歯磨き粉もちょうど捨て時だったので、それも持って。

今回は香港エクスプレスが運よくSALEをしているときに見つけて、

勢いのまま予約したチケット。

二人で36060円。

LCCのおかげでこんなに安くで海外旅行ができるようになったのですね。

宿を取るのをうっかりしていて三日前にagodaにて予約しました。

Kowloon New Hostel

agodaの口コミによると10段階評価中の7の「すごくいい」とのこと。

海外に泊まるということを忘れて深く考えずに予約してしまったのでした。

エレベーターはこんな感じ。

出発の日に口コミをよく読むと

「部屋がひどいからアップグレードをオススメする」との日本人の口コミ情報発見。

一日香港$100ドルを追加料金を払って3日間1290ドルでした。

スラムビルのようなエレベーターからフロントのある部屋を探してチェックイン。

意外と言ったら失礼ですが、スタッフさんはとても感じのいい青年でした。

お手洗いの中に洗面台とシャワーとが入っている感じ。

場所は尖沙咀駅という大きな駅やブランドショップ街から近く、便利のいい場所でした。

地価の高い場所なのでこの狭さはしょうがないのでしょうね。

部屋の汚さが気になる夫がすぐにウェットティッシュで拭き掃除を始めました。

こんな宿を予約してごめん。と思いながら

歩きすぎてぐったり、気絶したようにとりあえず寝ました。

アップグレードしてよかった。

この宿でバス、トイレ共同はちょっと怖い。

日本に帰ってから調べてみたらこの宿の入ったビル(美麗都大厦)のすぐ近くには

「重慶大厦」という知る人ぞ知るビルが。

(検索してみてください。情報がたくさん出てきます。)

思い返してみたら重慶大厦の前をなんども通った!

やっぱりちょっと危険な場所だったみたいです。

お湯が出ないこともあるので

この宿、女子旅にはオススメしません。

次回はしっかり下調べしてから旅行しよう。

想定外の宿に驚いて写真を撮りまくる夫。

そのほかの香港旅行ブログ↓

・香港3日目に着物で過ごした記事です→着物で香港を歩く

・香港1日目の記事です→海外旅行初心者の、初、香港。

・香港1日目の夜の記事です→香港旅行1日目の夜





-お出かけ, 世界のホテル, 香港行く人読んでほしい
-, , , , , ,

執筆者:


  1. ちえみ より:

    すごいすごい! 貴重な体験したねー! ベッド上のランプが傾いてるのが面白い! 香港のそういう古い建物は花様年華の世界が見られそう!また話きかせてね*\(^o^)/*

    • まりこ より:

      初日は正直どうなるかと思ったけれど、振り返ったらとっても面白い旅でした香港映画を見たくなりますね〜^^ここではあげられなかったホテルで撮った動画もみてください!長野もとっても楽しみ!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大多数に紛れる

台中の、人混みの中で、白人さんや黒人さんを見かけたとき、 視線がつい行っちゃうんだけど、 あぁ、この前フランス行ったときは アジア人が目立つくらい、白人さんや黒人さんの町だったなぁと思い出して。 ここ …

フランスの水に慣れる。

5月も終わり、明日から6月です。   もうフランス行きも迫ってきました。どうしよ、、、   と思いまして、まず、フランスに行ったら絶対お腹壊すと思って。   でも、なるべ …

してやられる。

台中の誠品書店ってところにて。 誠品書店は、TSUTAYAが店舗デザインを参考にしたらしいんですけど(誰から聞いたんだろ?) センスの良いお店が並んでて。 そのうちのどこか一店舗の前を通ってるとき、 …

高森湧水トンネル公園

まり子です。 観光ブログになりつつありますが、またまた高森町案内。 南阿蘇は水道水から出る水まで本当に美味しい。 水が美味しいから豆腐もお米もなんでも美味しくできるみたい。 昔、延岡に続く国鉄トンネル …

光風の茶会へ

 今日は沈壽官窯の「光風の茶会」へ。 毎年梅が綺麗に咲く2月初めに友の会の方向けに開催されています。 沈壽官窯の友の会の会費は3000円。 オリジナルカレンダーと年に4回の会報が届き、この茶会にも参加 …




最近のコメント

アーカイブ