お出かけ 日々思うこと 香港行く人読んでほしい

香港旅行1日目の夜

投稿日:2018年3月18日 更新日:

香港のことが、遠い昔のことのように。。。

 

あまり密に旅をするのも良くないかもね。。(香港→鹿児島→東京→長野)

 

いや、好きだけど。もっと旅したいけど。

 

書くのが遅いと記憶がね。。もう消えてくよね。

 

それでも書きます、香港2日目のこと。

 

 

1日目の空港を出てから〜(空港を出る前までの四苦八苦はこちらから

 

早速、話が止まりますが。目的地って大事だなと思うんですけど、

 

旅慣れてないから、まずは移動する目的が欲しいわけですよ。

 

自由に風に吹かれるまま〜、気持ちの向くままに〜とか言ってられないわけですよ。

 

香港着いたっ! でっ! でっ?!   次どうすんのよ!ってなってるんですよ。

 

それで、1日目のわたしたち(いや妻は冷静だったな。わたしだけか。。)のミッションはまず

 

「なんとかして宿を探して寝床を確保。」なわけです。

 

 

そこで取った行動がこちら↓

  1. まず宿の最寄り駅を調べる。→尖沙咀駅(なんて読むかわからない)が最寄りだ、てかこの駅の真上が宿だ。
  2. 空港からそこまでの行き方をGoogle mapで調べる。→何パターンか出てきたが、全部乗り換えが必須。
  3. なるべく早くて合理的で簡単そうなのを選ぶ。→そして選んだのが下記のルート。
  • 1 . 空港から九龍駅までエアポートエクスプレス(香港版の新幹線)。
  • 2 . 九龍駅から南昌駅までMTR(香港版の地下鉄)。※黄色い線だったから色とか見てたね。東京みたいに。
  • 3 . 南昌駅から尖東駅までMTR。※紫の線を探せ。って具合にもう必死。
  • 4 . 尖東駅から尖沙咀駅は歩けそうじゃない?と、歩く予定を組んだ。

持って行ったガイドブックに付いていたマップが↓

 

乗り換え2回で目的地周辺だ。よし、行ける!

 

と、エアポートエクスプレスに乗ってまずは九龍駅へ。

 

空港から九龍駅までの路線は、まりこが日本にいるときに切符?を買っていたみたいで、

 

九龍駅までの分はスマホQRコードで改札を出ることができた。

 

さ、次に九龍駅から南昌駅へ。

 

向かおうとすると、まりこに止められ、駅員さんの所でこちらを買いました。

 

 

オクトパスカード!↓(ドラえもん風)

 

 

Suicaとかと同じような、地下鉄やバス、フェリー、トラム、コンビニでもチャージして使えるプリペイド式カードです。

 

まず購入するときに150香港ドル支払う。50香港ドルはデポジット代(カード返却時に払い戻してもらえる。)

 

香港ドルのレートとか?よくわからないまま行動していたので、最初にHK $300ほどチャージしちゃって。

 

HK $1=約14円。でしたから、4200円ほど+700円の払い戻し分。2人とも5000円くらい入れて行動してた。

 

3泊4日。わたしたちは後からチャージする必要なく、余裕で最終日まで足りたね。

 

香港行ったらみんな、オクトパスカード買いましょう。

 

驚いたのは、交通系の料金がめちゃ安いっ!ことだったのですが、

 

MTRが日本円で約70円弱。トラム(香港版の2階建の路面電車。鹿児島でいう市電)が約35円ほど。

 

バスも約40円ほどで、タクシーも乗らなかったけどワンメーター300円ちょいなんじゃないか?

 

場所によって違う場合もあるから調べてほしいですけど、交通系安かった。あ、フェリーも30~40円ほどだったよ。

 

話が全く進みませんが、、、

 

オクトパスカードのおかげで、とりあえず改札でピッてして、電車の向かう方向だけ間違わないようにして

 

 

もうマップを見ながら慌てまくりで、「どっちに向かうやつだ?あ、あのベニアカのほうっ!」↑と、

 

漢字が読めず、英語の発音もわからないから、パッと見で「紅艦→ベニアカ」と呼びながら

 

ベニアカの方へ向かう電車に乗り、尖東駅で降りてようやく電車移動終了。

 

目的地の「尖沙咀駅」も読めないからさ、

 

とんがってて、淋しい感じの〜、と漢字だけ見てイメージで喋りながら結局名前がわからないまま

 

目的地を探すことばかりの旅でしたね。

 

なまじ漢字が多用してあるから、日本人のわたしは漢字の方ばっか見るのよね。

 

最終的に、たしか「 尖沙咀駅 → トンガリ駅 」と呼んでたような気がします。

 

そのトンガリ駅の方へ歩いて、地下を向かうわけです。

 

東京の、人が多い地下道を歩いてるような、そんな場所。人がみんな、日本人ではない別の国々の方ばかりだけど。

 

D2とか言う出口を探してやっと地上に出るともう結構暗くて。

 

やっと出た地上がもう全て違ってて。つい半笑いになったんだけど。

 

異質な言葉と音と、騒々しい感じに生ぬるい空気と、いろんな電飾で建物やらバスが光ってて、

 

何の匂いだ?これは?排気ガス?食べ物?香水?いろんな匂いが混じり合っては消えて行き、

 

歩いてはまた別の匂い。。異国の風土とかを五感全部で浴びたような、衝撃的な環境でした。

 

人ばっかりで、知らない人ばっかりで、国が違う人ばっかりで。

 

マジか。。。と、こんな都会か、、と、まりこはいったいどんなホテルを取ったんだ???と、、

 

そして、ホテルへ到着するわけですが、、

 

ホテルの様子はまりこが書きました。→ 香港の宿Kowloon New Hostel

 

ホテルも衝撃的すぎて、もっと癒される場所はないのか、と外へ出るわけです。

 

おぉっ、二階建てバス!

 

 

と言ってスマホで撮りまくるんですが、まぁ興奮してて使えるものはほぼありません。

 

 

人が多いし、何人なのかよくわからない言葉が溢れてるし、マジこわい〜っ、と、もう怯えながら

 

 

おぉ、香港映画のような電飾の看板っ!と、撮りまくるわたし。

 

 

裏路地こわい〜

 

 

2階建バスっ、カッコイイ!乗りたい!(でも乗りませんでした。。。)

 

香港といえば、建物がまっすぐ縦に長い!

 

縦に長くて高層ビルのようで。あと、あのでっぱり、換気扇かな?真四角の室外機みたいなのがボコボコ出てて。

 

そして雨でもないのに上から雫が降ってくるから。多分、あれは室外機みたいなもんなんだろう。

 

建築物がおもしろい。異国だね、不思議だな〜と何度も上を見上げる。

 

 

そんなして街を歩きながら、夜飯を探す。おなかはとても空いたのだ。

 

探すけど、この辺がいくらで食べられるかよくわからない。

 

入りたいけど、入れない。なんか、こわい。

 

うろちょろしまくって、疲れ果てて、まぁでも荷物は大半は置いてきたから軽いんだけど。

 

サッとまりこがネットで調べたら日本人が評価している店が近くにあって。

 

 

そしてそこへ向かいながら、外に看板が出ているお店が裏路地のところにあって、あ、ここか!と発見。

 

よしっ、ここにしよう!と、決まるまでに店の前でメニューとにらめっこしまして。

 

なかなか勇気が出ず、中に入れず、でも、もういいや〜の感じで入ったら、

 

案の定、英語も通じないようなお店でして。

 

こっからはもうジェスチャーと、指さし会話ですよ。おっちゃんに英単語と指さし会話ですよ。

 

壁にいろんなメニューが漢字だけで書かれてるのね。

 

檸檬茶のような、酸香水とか、もう覚えてないんだけど、五、六文字も漢字だけで並んでても

 

何がなんだかわからなくて。Google 翻訳のカメラで撮った文字を翻訳する機能を使ってみたけど、

 

なんかうまくいかなくて。

 

でも、「セットで頼めば白ごはんとドリンクが付いてくる」というニュアンスは

 

壁に貼ったラミネート加工されたメニューから読み取れるわけですよ。

 

だからとりあえず手を挙げて、「おっちゃん、こっち。」と。

 

そして、美味しそうな料理写真を指さして、

 

「でぃすわん、ディスワン。」「セット、オーケー?」と、言うわけですが、

 

おっちゃん、わかったのかわからないのか、サッと下がって行くわけです。

 

そしてドリンクメニューのようなものを持ってきて、

 

「こっから選べ。」そう言ってる風なんですよ。

 

なので頼んで出てきたのが↓

 

 

まりこはレモンが入ったあったかいお茶?ぬるくて残してましたけど。

 

わたしのは甘〜い杏仁豆腐のような飲み物で。下が熱くて上は氷詰めまくった飲み物で。

 

出てきた料理が↓美味しそうでしょ。

 

美味しかったんですよ、わたし。でもわたし、味オンチですからね。

 

まりこが写真上のものを注文して、わたしが下のものを。

 

 

わたしの食べ物。ほとんど骨で、タレがものすごく辛くて、これ、どこまで食べるのが正解なの?

 

この固いところ、これ、食べられるもん?しゃぶるのが通常の食べ方?わからん。。。

 

ほとんどまりこの頼んだものを食べさせてもらいました。

 

あれ?白ごはん、つくんじゃないの?つかないタイプのセットだったのかな?

 

半分以上食べてから、おっちゃんに「ライス?オーケー?」「あいあい、わかったよ〜」風なおっちゃん。

 

遅れて白ごはんが2つ運ばれてきました。当たり前だけど、あちらの方は悪びれることありませんよ。

 

もうおかずほとんどないのに、白ごはん。。。

 

でも、ごはん、食べたい 。。。 そのまま口に入れる。 あぁ、パサパサのやつや〜

 

グリーンカレーとかに合わせたい、あのパサパサのやつや〜

 

ちょっと残したけど、全然いい経験です。あの骨、なんの骨だったんだろ?

 

 

こうして初日の夜は無事に終えようとしているのでした。ええ、ちゃんと無事に終えました。

 

 

ごはん食べて、香港の夜景を見に行こうと海の方へ歩いて行くとこんなところも↑

 

夜景も見れて幸せでした。初日から香港楽しめたよ〜、もう帰りたい〜。

 

 

 





-お出かけ, 日々思うこと, 香港行く人読んでほしい
-, , , , ,

執筆者:


  1. さくら より:

    ハラハラドキドキ香港旅、臨場感あふれる文章に嫉妬しながら読み進め、ごはんのくだりで同情しそうになりましたが、さいごにまりこさんの笑顔の写真ですべて救われました!笑 ザッツオールライト!引き継ぎ楽しみにしてます。

    • tawaraya より:

      ありがとうございますー^o^香港編がいつ終わるか、まだわかりませんがお楽しみに〜

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …

長野県をゆく/〈 月夜の蚕小屋 〉という宿へ

  さあ、宿です。   おそらく、ここ数年のトレンドは「宿」です。   住処の供給過剰により、空き家増加、人口も減少しますから、家が余ります。   そして民泊、 …

墨田長屋を書くよ、ゲストハウス その2

  もう散々急かされて、   妻に散々急かされて、   呉服展示会とかあってバタバタだったけど、   やっと墨田長屋、書くよ。   記憶、辿るよ。 & …

働くを見直す

  2016年の3月に書いた記事が、下書きに残ってた。   あとで読み返すと面白いのであげておこうと思います。 最近ハマっていることは、断捨離です。   私も妻もここ数年 …

屋外イベントには出店しない

GWを迎えて鹿児島でもいろんな所でイベントが多く、   商売人としては稼ぎどきウィークが始まりました。   私たちの拠点であるレトロフトは4/29,30に野外イベント   …