日々思うこと

まっすぐ生きられない。

投稿日:2018年3月24日 更新日:

 

誰かに心配をかけたくない。

 

でも心配っていうのは、人が勝手にすることで。

 

心配の種類も様々だが、その人の予測からはみ出したとき「心配」が発生する場合を考える。

 

予測の範囲内だったら、「そうね〜、よかったね〜」「おもしろいね〜」で済むんじゃないかと。

 

予想外のことだったら、「えっ?なんで?どうして?で、どうするの?」と、答えを聞かれたりしますが、

 

ドラマや映画って先にストーリーを話すと、おもしろくないですから。

 

「まだ決まってません。」と言う。

 

いや、ウソです。本当に決まってないから「まだ決まってません。」と言っているのですが。

 

決まっていたら、もう先に未来が決まっていたら。

 

わざわざそっち選んで行く必要あります? と、天邪鬼発動します。

 

でも心配してくれる人がいて、いろんなありがとう、を思う。

 

気にしてくれて、気にかけてくれて、ありがとう。

 

あなたのどこかに少しでも居場所があったはずだから、心配が発生している。

 

しかしイジワルなありがとうなら、

 

あなたが心配するおかげで、わたしたちは自分の行き先が間違っていないことを確認する。

 

もしあなたが「おもしろいね〜、よかった〜、」となっていたら

 

わたしたちは道を間違えている。軌道修正が必要だ。なぜなら、あなたの想定内に留まっているから。

 

誰かの常識の範囲内にいたら、10人中9人が「いいね〜」って言ってたらレッドオーシャンですから。

 

心配する人が多い方向が正解かな、と捉えるようにする。

 

だから心配してくれる人にはいつも感謝している。

 

でもいつまで経ってもその心配が解消されないよう、

 

「あの人たち大丈夫なの?」と、いつまでも思ってもらえるよう、

 

そのように動き続けなければ、とも考えていて。

 

偏りたくないですが、いつでも心配をかけられる存在であるよう取り組みます。

 

 





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

着物屋の仕事は忙しいのか。

『父さんの若い頃は、「副業」って言葉があってなぁ、 1人一社にしか所属できなかったんだぞ。副業禁止と言ってだな〜、』   と言うときが来たりして(子どもいないけど)   田舎の人々 …

川のながれのように〜

  こんにちは。   最近のお仕事で、手にマメができました。   なんと「掃除機マメ」です。     バットやラケットの素振りで出来たり、 &nbsp …

no image

着物屋がなくてもいい世の中

もう着物屋がいらない世界だよね〜、 人によっては随分前からそうなんだけど。   今の世の中は「着物を着たいなぁ」って思えば、 ネットで自分で調べて買って仕立てて着られるはず。   …

no image

いつもより移動するだけで、非日常を楽しめる。

    先日、となりの県まで車を走らせて行ってきた。   確か結婚したてだったか、一眼レフのカメラを買ったときだったか。   5年以上前にここに来たことがある。   人吉城跡。             …

記憶につながれたまま、

たまに幼稚園の頃を思い出したりして。   やたらと先生に叩かれたり、外へ連れ出されて、廊下に立たされたり、 みんなとは別の場所で説教を受けたりと、よく泣いていた場面を思い出すのですが。 &n …




最近のコメント

アーカイブ