しごとのこと 着物のこと 美山のこと

サタケのおやじが来られるそうで。

投稿日:2018年3月31日 更新日:

 

 

先週の決算閉店セールから今日まで。

 

予定が詰まりすぎて大変。

 

ありがたいことにいろんな注文いただいたり、

 

またレトロフトを退去するための備品などの撤去作業も含め。

 

また自宅も引き払うために家具など行き先を決めたり、

 

年度末へ向けてなだれ込むように1日が過ぎていきます。

 

4月中は着物のお仕事をこなすのに精一杯かも。

 

出るのは先になるか。。

 

ありがたい話ですが、複雑なきもち。

 

でも正直ありがたい。お仕事あるって幸せなことです。

 

そして4月の7、8、9日は、美山にて「西陣坐佐織展」を開催します。

 

父の企画ですので、わたしは乗っかってます。

 

毎年1度、佐竹さんの工場でつくられる帯を

美山で見ていただく企画でして。

 

 

弟の営む「竹取食堂 休庵」も臨時営業としまして、

 

この時来られるお客様用に3000円の和食コース料理をご提供したりと。

 

 

たわらや家族総出で、このイベントには毎年取り組んでおります。

もう11回目くらいでしょうか。

 

 

その「西陣坐佐織」の代表である佐竹さんが美山に来られます。

 

 

佐竹さんというおじさんに会わなければ

わたしは着物屋になっていなかったと思っていますが、

 

ほんとうは年に一度会うのもしんどい。2年に一度でちょうどいい。

そんなエネルギーを持ったおじさんです。(70歳だったかな)

 

 

それなのに昨年は4月、10月。今年になっては先月(2月)と、

 

もう3回も鹿児島へ来られてて。

 

 

先月も鹿児島でお会いしてますから。

4月はもういいんじゃないかと思ってたのですが。

 

 

昨年の4月にもう予定を組んであるんですね。

佐竹さん、全国引っ張りだこだそうで。

 

 

会うたびに1年先まで予定がビッシリ入った手帳を見せつけられますからね。

 

「わしはお前なんかと違って忙しい」感ですかね。

 

嫌がらせというか、見せびらかしたいというか、

意地悪がお上手な方でして。

 

そんな佐竹の親父さんと出会ったのが結婚前ですから10年以上前ですが、

 

 

着物や帯のことは全くわからなかったわたしに、

 

着物や帯以外の部分で衝撃を与えた親父だったんですね。

 

 

何に衝撃を受けたか、もうあんまり覚えていないんですが、

 

古臭いと思っていた着物の世界に、こんな最先端が存在するのか。

 とか、そんな印象を持ちまして。

 

 

前にも書きましたが、

 

ちょうどテクノロジーが半年ごとにアップデートしていくような時代で、

 

このあいだ4MBだったのに、もう8MB?あ、もう16MBなの?

 

と、カメラの画素数やメモリーカードの容量も

 

どんどん増えて、ケータイも502i,503i,505is,,,

 

とかいった具合にどんどん新商品が出てきて。

 

 

「こんなスピードで世の中進んでいくんなら、この世界は疲れるなぁ」

 

とwebデザイナーを志していたわたしは思ったのです。

 

 

 

そんなときに出会った佐竹の親父は、

 

何百年も前に生まれた紋様のことなどを話してくれる人で。

 

 

 

なぜその模様が現代にも使われているのか、

 

意味がちゃんとあるから、いまに残っているのだ。

 

 

ということを長々と説明してくれるんですが、それがとても面白く。

 

 

古い歴史を読み解くと、最先端が見えてくるような気がして。

 

メガやギガの世界を横目に、古い歴史、過去の方を探求していくことは、

 

天邪鬼なわたしを虜にしたんですね。

 

 

 

着物や帯に惹かれたのではなく、

 

佐竹の親父の生き方に惹かれたような気がします。

 

 

で、実際に少しずつ着物のことや帯のこと、

 

目を養っていくと、佐竹の親父の帯、良いんです。

 

 

今、わたしに「袋帯が欲しいんだけど何かない?」

 

と注文がありましたら親父の帯しか提案しません。

 

 

ほんとうは他の袋帯を提案したい。

 

いつまでもダメ若旦那の烙印を押され続けイジメられてますから親父には。

 

 

 

もっとおもしろい、センスの良い、そんなものに出会いたいが、

 

今も、当分、悔しいけど、佐竹の親父の帯は間違いない。

 

 

——————————————-
西陣坐佐織展

平成30年

4月7日(土)
8日(日)
9日(月)

完全予約制
11:00〜16:00

●竹取食堂休庵「たけのこ御膳」(3,000円/1名様)●
<予約状況>
※午前の部は埋まりました。下記の時間帯、まだ空きがございます。
——————————–
4/7 13:30〜 3名 , 14:00〜 4名

4/8 13:30〜 4名 , 14:00〜 4名

4/9 13:30〜 4名 , 14:00〜 4名
——————————–

●草木染めで正絹ストールを染める(2,000円/1名様)●
<予約状況>
※午前の部は埋まりました。下記の時間帯、まだ空きがございます。
——————————–
4/7 13:30〜 3名 , 14:00〜 4名

4/8 13:30〜 4名 , 14:00〜 4名

4/9 13:30〜 4名 , 14:00〜 4名
——————————–

 

※ 完全ご予約制です。お食事も染め体験も不要な方もご予約ください。

<ご予約先>

mail@ayarawat.com

Tel.090-5297-7539

——————————–

帯を見たい、帯を買いたいお客様に来ていただくのが一番なのですが、

 

弟のお食事もご予約制でお出ししていますので(3,000円/1名様)

 

お食事メインでご予約いただき、帯も見ていただいたり。

 

草木染めで正絹ストールを染める。というWSも開催しますので(2,000円/1名様)

そちらもご予約いただいて、お食事はいらない方や、染めをしてみたい方はご予約ください。

 

「ついでに帯も見ようか。」でもいいんです。

触れられる美術品と思って心してお越しください。

 

 

混雑も予想されますので、

全て完全予約制とさせていただきます。

 

どうぞ美山の方へお遊びにいらしてください。

 

 

 





-しごとのこと, 着物のこと, 美山のこと
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

他郷阿部家にインターンしたお話

  他郷阿部家から帰ってきてから10日が経ちました。 最近のことなのにパラレルワールドにいる違う自分の記憶が残っているような 今思い出しても本当にあそこで働いて居たんだろうかと思うような不思 …

no image

麻を洗う。

  古い麻の着物をいただいた。   生地を愛する人からいただくものは、 古いけど、古いから、質が良いものが多い。 この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。   触って …

10回目だった美山窯元祭りを振り返って。

前回の記事を書き出したときに気づくという失態。   10回という節目の美山窯元祭りがすーっと終わりそうだったので振り返ろうかなと。   毎年、11月3日をはさむように3〜5日間と開 …

着物屋の仕事は忙しいのか。

『父さんの若い頃は、「副業」って言葉があってなぁ、 1人一社にしか所属できなかったんだぞ。副業禁止と言ってだな〜、』   と言うときが来たりして(子どもいないけど)   田舎の人々 …

料理も減らせる。

妻と暮らす時間が減ったことで、   自分で料理をする必要が出てきた。   そのおかげで料理をすることも好きになってきた。   料理をする自分になったことで、視点が変わった …




最近のコメント

アーカイブ