お出かけ しごとのこと 日々思うこと

いつものように妻が出て行きました。

投稿日:2018年4月16日 更新日:

 

お久しぶりです。ヒロシです。

 

昨日、まりこを南阿蘇へ送ってきました。

 

軽で。

 

高速飛ばして。往復約6時間ほど。

 

 

すみません、ようやく調子が良くなってきたので、久しぶりに書いております。

 

毎年3月4月は使い物にならないんです、わたし。

 

あ、日々使い物になってない可能性もあるんですが。

 

花粉症ってこんなに辛いものかと、毎年思うんですがね。

 

今年は昨年よりひどかったかもしれない。

 

頭痛と、高熱とね、鼻水、喉の痛みはもちろん、咳も止まらなくて。

 

病院に二度行きました。

 

あぁ、桜のキレイな時期もとうにすぎて、窓越しの花見しか。。。

 

まぁ、花粉症の話はいいんです。

 

ようやく調子が良くなってきたと思ったら、妻が出ていきました。

 

 

南阿蘇へ。

 

 

昨日お昼に出て夕方17:30には着かないといけなかったのですが、

 

急遽、お着物のお仕事が入りまして。

 

わざわざ美山まで来ていただき、

 

わたしたち二人でお客様にお会いできたので本当にありがたいことです。

 

 

そのお仕事を済ませてからの南阿蘇行き。

 

さいごまでお仕事をして出て行く妻。

 

愛されている証拠ですな、と適当に思ったりして。

 

 

いや毎度ですが、バタバタと予定が入ってサッと出て行くタイプなんですかね。

 

 

バックパッカーのようにリュックに荷物を詰めて出て行くわけです。

 

最小の荷物で。物を削ぎ落としまくって、出ていくんです。

 

急に入ったお仕事のおかげで、当初予約していたバスをキャンセルして、

 

わたしが南阿蘇へ車で送ることに。

 

 

久々のウキウキドライブ気分で走って、

 

16:00ごろに道沿いの定食屋で遅めの昼食をとりまして。

 

でも、約3時間の運転はやはりきつくて。

 

先週から身体を癒す間もなく今日までなんだかんだと動いてたのが響いてる気がして。

 

道案内が下手くそだとか、軽く溜まっているストレスを妻に言いながら

 

自分勝手にドライブするんですね。

 

言い返してくるもんだからまたイライラしながら。

 

そのあと到着予定だったバス停まで送りまして。

 

 

そこから別れたわけですが、

別れた途端 寂しくなるんですね。

 

 

いつもどおりどうでもいい会話をしながらドライブしてきたので

 

まったく想定していなかったかのように、一瞬で寂しくなって。

 

見送りながら、胸が痛くてですね。

 

もっと優しい会話をしておけばよかったとか、

 

最後にああしとけばよかったと、涙が流れ出すわけです。

 

ま、結婚して10年。仕事も家庭もほぼ一緒に過ごしてましたので。

 

24時間、ほぼ、だいたい一緒だったんですけど。

 

よく飽きもせずお互い一緒にいるよね、と言い合いながら。

 

たった数ヶ月なんですが、離れて暮らすという新体験が始まるわけです。

 

あ、昨年は島根へ10日間ほど行ってたので、それがもっと長くなるくらいなんですけど。

 

 

おもしろい生き方をしよう。

 

 

と、二人でいつも思っていることを実行しているだけ。

 

 

その実行の先に、想定外の喜怒哀楽が表れて、心を豊かにするんじゃないの?

 

 

と、あまり深く考えずに思ってて。

 

 

軽の馬力の無さにブツブツ言いながら、

 

約3時間かけて運転してきた身体はカチコチに疲れがたまってたんですけどね。

 

運転の疲労も、今日まで蓄積されてきた疲労も忘れるくらい寂しくてですね。

 

もちろん一人で運転して帰るんですけど、

 

おかげで帰りも疲れを感じることなくノンストップで帰ってこれまして。

 

涙を垂れ流しながら家路につきました。

 

 

でも現代って便利なものですから、電話ができてしまうんですね。

 

 

しかも相手の顔を見ながら電話ができる。

 

夫婦でスマホを持つとこんな特典があるのか。

 

これから暮らす殺風景な部屋が画面の隅に映ってるけど、なんか楽しそうだ。

 

 

少し安心したら、忘れていただけの疲れが戻ってきてダウン。

 

 

目が覚めて、今、書いております。

 

 

わたしも新しい暮らしが始まる。

 

 

さて、食事。。。

 

 

わたしがロボットならコンセントに繋いで充電でいいんだけどなぁ。

 





-お出かけ, しごとのこと, 日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

デザインのお仕事も。

  ここずーっとデザインのお仕事が頭の中にいる。   いつもどこか片隅にありながら、生活する。     常に考えているわけでなく。   晴れの日に漠然 …

no image

竹取食堂休庵への悩み

美山のお店がご飯屋に変わって早やひと月が経ち、   ありがたいことに宣伝もしていただいたりで   なんとか弟が続けられているようです。   今の時点で、美山にはきもの、和 …

美山で出来た器たち

  何十年も前につくられた陶器が、今の時代に良かったりする。   この写真の皿も民藝のようなものだ。   ものの価値って人それぞれで、ゴミにしか見えない人もいれば、 &n …

体調回復には山あり谷あり

いつもの道を何気なく車で走っていて、   赤信号に車を停めると、窓から見えた車道脇の   雑草群が、風に揺られて、ちょうど良い感じの日が射して、   天国?のような黄金色 …

待つ、松、お待ちしております。

今月24~26日に、春の京扇会といたしまして天文館で3日間、呉服展示会が開催されます。   期間中は、天文館のNCサンプラザ6Fホールにおります。   みなさま、お待ちいたしており …