日々思うこと 着物のこと

家に住まない暮らしへ移行する。

投稿日:2018年4月23日 更新日:

 

家に住まない。という暮らしかたができないかと、考えている。

 

もう家以外の場所にいろんなものが揃っているから、家がいらないはずなんです。

 

 

習慣とか環境とかを変えるときは、何かを加えるより、減らしたほうがいい。

 

 

例えば、「ダイエットしよう。自分を変えよう。」と、決意して、

 

新たな何かを摂取して(りんごダイエットとか。古い?)何かを減らす。という方法より、

 

何も摂取せず(増やさずに)減らすことだけしたほうがいい。と思う。

 

 

ただいまTVがなくなって。「せごどん」見れなくなった。悲しぃ。。

 

 

でもTVがないだけで、生活スタイルが変わるよね。

 

 

早く寝るようになったり、グルメ番組とか見ないで済むから、余計にお腹空かないしね。

 

 

TVが無いと暇が増えるから、ネットも見るけど、本とか読むようになったね。

 

 

減らしていくと、少し不便にはなるんだけど、生きられないことない。

 

 

ミニマリストって言われる人たちがどんな感じでそうなっていったか、知らないんだけど。

 

 

わたしもミニマリストのようになってしまってるんですが。(部屋ガランとしてるもん)

 

 

わたしの場合は、増やすことより減らすことに興味を持っただけで。

 

 

「どれだけ減らして生きていけるか」を実験したくなったところがあります。

 

 

あと、わたし世代(30〜40代)の人たちは、みんな増やしていく世代だと思うんです。

 

結婚して、生活を共にするパートナーが増え、子どもができ、収入も増え、

 

資産と呼ばれるものを、どんどん足していく年代です。

 

車が増え、家を持ち、借金、責任感も増え、立派な大人になっていく。

 

 

 

困ったことに、わたしは、それに逆行したくなりまして。

 

 

足し算ばかりの同世代に喧嘩売って。

 

引きまくり。な人生を選んでみようかなって思いまして。

 

 

いつも言ってる通り、レッドオーシャンが嫌なだけ。

 

 

幸か不幸か、子どもがいなかったから実験できるんでしょうね。

 

 

親が健康だから、実験できるんです。本当にまわりに感謝です。

 

 

 

妻もミニマリストのようになっておりますが、キッカケはたしか、

 

粗大ゴミを捨てに行ったとき、ゴミ収集車に混じって

 

ゴミ捨て場まで車で降りて行ったことがあったのですが、

 

その場所が、広大な土地があって、元々は山でしょうね。

 

その山を切り崩して、奥の深ーいところまで掘っていて、その大きく開けた

 

穴の中にどんどん燃えないゴミやガラスなどを放り投げていくんですね。

 

おそらく捨てては埋めて、という作業を繰り返すんでしょう。

 

だからこんな広くて深く掘った場所にゴミを捨てるのね。と、学んだのですが。

 

そんな現場へ行ったときでしょうね。痛感した。もう捨てたくないって。

 

そんなキッカケだったんじゃないかと思います。

 

捨てたくないって思うと、買わなくなるんですね。

 

買うとしても吟味する、本当に必要かどうか。

 

小売店という「ものを販売する仕事」をしながら、自分はものを買わなくなるという矛盾。

 

そこで、「小売をやめる。」という選択をするわけです。

 

長い時間がかかりましたが、小売をやめて、店も持たない着物屋へ移行しまして。

 

 

 

しかし、わたしの場合のキッカケは少し違ってて。

 

 

「24時間営業のコンビニがこんな田舎に必要だろか?」

 

「お弁当の廃棄ってこんな出るの??まだ全然食べられるでしょ。」

 

 

いつでも、誰でも、便利に、手に入る。よう設計された世の中。

 

 

いろいろと増え過ぎたんでしょうね。

 

 

そんな便利なサービスのせいで、本当に必要なものが見えにくくなってない?

 

と思ったことがあって。

 

便利を追求していったはずなのに、なんか生き苦しいのはなぜ?

 

と、感じたことじゃなかったかな〜と思い返すわけです。

 

 

そこで、ほぼ毎日開けていたお店の半分(月の前半)を休みにしたり。

 

屋外イベントに出て売上を稼いだりしていたことも辞めて、

 

喫茶業や和雑貨販売など、展開していたサービスをやめていくんですね。

 

 

「不自由、不便」が必要だと思うようになっていくんですね。

 

 

そしたら「着物ってまぁ不便ですよ、だから世の中に必要です。」

と言えるようになったりもして。

 

 

 

そうして減らして減らして、不便や不自由を推し進めていった結果、

 

店がなくなってしまって。

 

 

店を持たない着物屋となりました。

 

 

店がないのでお客様宅へお伺いします。今日も昼過ぎにお伺いしてきました。

 

 

小売をやめて、売り物がないので、お客様の持っている着物を生かす方法を提案する。

 

 

帰りに、お土産もらったりして帰ってくる。ありがたいです。

 

 

減らすことで変わる環境や生き方がおもしろい。

 

 

店がなくなった着物屋は、今度、住んでいる家を無くせないか考えています。

 

 

 

家の中身は少しずつ減っている最中です。

 

 

どうしても減らせないのは、自分の着物。これは減らす気がない。

 

 

でも、他のものは減らせるかも。と、楽しんでいます。

 

 

シャンプー、リンス、減りました。もう無い。

歯磨き粉も減らせそう。砂糖も減った。

 

あんなに好きだったコーヒー。

 

もう今の所、自宅で豆を挽いて淹れたりしなくなった。

 

珈琲道具、減らせる。

 

 

ポテトチップスッ!!

 

減った!  たまに甦ってくるけど、随分と減ったほうよ!

 

 

服も減った。本も減った。タンスも棚も減った。

 

食器、調味料、料理道具、減った。 あぁ…お腹減った。。。

 

売上、仕入れ、減った。。。 収入、支出、減った。。。

 

 

あと、前回書いたように、「冷蔵庫」減らせないかな。

 

 

1日3食の食事が2食に「減って」、

 

家では肉とか米を食べない方向になってて(料理できないわけじゃないのよ)

 

 

おもにスムージー! 生の野菜やフルーツをガーッて。それを飲むくらい。

 

食事も減らせたからね。冷蔵庫、行けるんじゃない?!

 

 

、、と、楽しんでるんです。楽しませてっ!

 

 

頭がおかしくなったと思われるかもしれませんが、そうかもしれません。

 

ですが、健康に(なろうと懸命に)生きております。

 

 

楽しみは、増えてるのよね。どうなるかわからない未来が楽しみ。

 

 

「やっぱ無くしたらダメだった」と感じたい思いもあるんです。

 

 

石橋を叩きながら、減らしてるんです。

 

たまにエイっと、思い切って減らしてみることもあります。

 

 

でも、さほど困らない。

 

 

でも、こんなことしてたら、友達も減りそう。。。

 

あ、もともと友達そんな、いない。。。

 

 

減らしすぎて困ったとき、助けてもらえるようにここに書きます。

 

友達じゃなくても、誰か、助けてください。

 

やっぱ「〇〇〇」は減らしたらダメだよ。と、皆さんにお伝えできる日が来ますように。

 

 

住処がなくなったら、、、

 

 

帰る家がなくなったら、、、

 

 

帰らなくていいのかぁ。

 

 

 

ですので、住処は「ココ」になるんでしょうねー。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。。

 

 





-日々思うこと, 着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝日新聞掲載いただきました。

もう先々月になりましたが、10/27付の朝日新聞の「」欄に掲載していただきました。   ちょうど窯元祭りの前に美山のことをPRして頂けるというお話があり、   また記者さんの「竹林 …

あけました!

またまたご無沙汰いたしております。   今日も寒いですね。 お元気でお過ごしでしょうか。 2018年、すっかりあけましたね。 ご挨拶が遅くなりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 …

あれから二年。

  まりこです。   こちらはまだまだ肌寒い日が続いています。   桜と共にシャクナゲも見頃。   シャクナゲって名前は聞いたことあったけれど   見 …

ブログを続けるには

  先日、ブログを書くことをオススメしましたが   わたしはなるべく毎日書こうと思ってまして。   しかしブログを毎日書くというのはなかなか大変なことですね。 &nbsp …

朝ごはん

実家に帰るとふかふかのお布団に美味しいご飯。 結婚してからは特に、 なんでもない料理でも 誰かの作ったご飯はとっても美味しく感じます。 両親が共に元気でいてくれて 30過ぎても甘えさせてくれるのは あ …