お出かけ 日々思うこと

熊本の蕎麦。

投稿日:2018年4月26日 更新日:



ご無沙汰してしまいました。
まりこです。

今日は夫が会いに来てくれました。
こちらに来てからちょうど10日目。

去年、島根の群言堂へいった時も寂しくならなかったので、


全く心配していなかったのですが、大間違い。


2ヶ月会えないと思ったら自分でも驚くほど寂しくて、


35歳にもなって大人気ない。
実はわたしがホームシックにかかってしまい、
泣き言いったらお休みの日に合わせて走って来てくれたのです。

 

ただいま、夫を見送ったばかりで
涙グジュグジュの状態でブログを書いています。

 

「別れるのが寂しくなるから会いたくなかったのに。」と言われながら
こんなに二人揃って大泣きするのは結婚式翌日以来かもしれません。


その日はわたしの実家に荷物を取りに帰った日。

「この家からまりこを連れて行くのがかわいそうだ。」
と言って夫が急に泣き出したのです。


それを聞いた両親もわたしももらい泣きしてみんなで泣いて。

そんなことを思い出しました。


夫は人前であまり感情を出す方ではないので、こんなことはそうないこと。


4時間かけてまた大泣きしながら一人で帰る夫を思うとまたかわいそうで申し訳なくて、


帰り着くのは22時過ぎかしら、


県外にバイトになんか来るんじゃなかった、
と後悔しながらブログを書いております。

 

皆さんに心配されてた通りになってしまいました。
一人でいるのは好きだし大丈夫だと思ったんだけどな。

 

でもこんなに寂しいものだと気づくのも
離れて暮らしてみたからこそ。

 

遠距離恋愛中の若いカップルのようだなと
われにかえって気恥ずかしくなるけれど

夫と一緒にいられることはありがたいことなんだと認識して、
あとひと月ちょっと、この場所で、一人暮らしでしかできないことを
楽しみたいと思います。

 

追記
熊本市内までお蕎麦を食べに行きました。
三年ほど前に偶然見つけてからここのそばが好きで何度も食べに来ています。
味も器もしつらえも本当にすき。
お近くにお越しの際はぜひ。

https://nakanomorisoba.jimdo.com

 





-お出かけ, 日々思うこと
-, ,

執筆者:


  1. より:

    おはようございます、カトラリーを譲っていただいた泉です。
    まりこさん、南阿蘇に行かれたのですね!

    南阿蘇には、この方々のことを思うとなんとなく心丈夫になる、と思える友人一家が住んでいるのですが、もし機会があれば訪ねてみられてください。
    足を運べずとも、HPなどを眺めるだけでもたのしいのでご紹介しますね。
    http://www.nonakafamily.com/ivent.html

    それではどうぞおからだに気をつけて!

    • tawaraya より:

      泉さん、こんばんは!

      サイト拝見いたしました。
      素敵な暮らしをされているご家族がいらっしゃるのですね。
      とても美味しそうな食卓にうっとりしてしまいました。
      南阿蘇は空気も水も自然も全てが豊かな場所です。
      満喫して帰りますね。
      泉さんもお身体お気をつけて^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高森湧水トンネル公園

まり子です。 観光ブログになりつつありますが、またまた高森町案内。 南阿蘇は水道水から出る水まで本当に美味しい。 水が美味しいから豆腐もお米もなんでも美味しくできるみたい。 昔、延岡に続く国鉄トンネル …

家に住まない暮らしへ移行する。

  家に住まない。という暮らしかたができないかと、考えている。   もう家以外の場所にいろんなものが揃っているから、家がいらないはずなんです。     習慣とか …

ひと息ついてもいいのかな、師走。

  企画展を終えて、   大々的に企画をうつことが合わない気がしてきたもので、   誰か一人の「ほしい」に応える形で企画をうちました。   大勢に知らせるわけで …

料理も減らせる。

妻と暮らす時間が減ったことで、   自分で料理をする必要が出てきた。   そのおかげで料理をすることも好きになってきた。   料理をする自分になったことで、視点が変わった …

no image

情けないほど知識と経験が無くて、しがみつきたいほどモチベーションも無い。

  知識と経験が足りない。   知識と経験が無いと仕事にならない。   知識や経験は、そのほとんどを失敗した時に積む。   しかし私の場合、好きではなく、興味が …