しごとのこと デザインのこと 日々思うこと

装飾を施す行為が「デザイン」なんですけど。

投稿日:2018年5月7日 更新日:

 

昨日のデザインのお話を振り返って。

美山の朝マルシェのフライヤー作りました。

 

デザインしたものを言葉で表現することは、余計なことだと思ってるんです本当は。

 

なので今までは言葉にすることをしなかったんですね。そんなの野暮だって。

 

でも、それを「やめてみた」。

 

デザインする側の人たちが考えていることを知ってもらうことで、

 

だれかのチャンネルが変わるかもしれない。

 

どちらかに偏っていることが多々あるんですが、

 

ぐるりと真逆の行動を受け入れてしまおうと。

 

「自分、偏ってるなぁ。」と気づいたところを、ぐるりと入れ替えてみる。

 

やっぱり違和感しか残らないかもしれないけど、

 

この時に気づくことで深まるものがある、かも。

 

 

そして、デザインを言葉にしたおかげで気づいたこと

 

「わたしは、ものづくりの人間ではない」ってこと。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

「晴れと雨の間に、ものづくりはあり。天と地の間に、ものづくりはある。」

 

自然の力を借りなければものは生まれない。

 

晴れの日だけではなく、誰にも見えないところで仕込むから、ものが生まれる。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

↑この言葉は、作り手を美化してるなぁと思って。

 

わたしの、「作り手ってこうあってほしい」というものが込められていたりして。

 

でも実際、作り手は、息をするのと同じように、ただ、日々、ものを作ってる。

 

食事をとるのと同じように。ただ、作ってる。

 

言葉やデザインで飾る必要もない、ただ作ってる人たちなんだろうなぁ。と思ったりして。

 

まぁ、装飾を施す行為が「デザイン」なんですけど。

 

ものづくりというものに携わる人に、

こんなデコレーションしまくったデザインや言葉を見せるという行為は

 

恥ずかしいなぁと、誰も見てないと思いながらも(どうしても自意識過剰が出てしまって)

 

でも、それがデザイナーのお仕事なのかな。

 

腹をくくって、向き合った結果生まれたんなら、それでいいじゃない。

 

と、労る自分もいるんですけどね。

 

 

何かを形にして、世に出す。という行為には、つまりいつまでたっても満足はなくて。

 

あっちに振れ、こっちに振れ、ブラブラのまま、

 

自分の未熟さをさらけ出す行為なんだろうなと思います。わたしの場合。

 

 

そんなとき、佐竹の親父さんのことを思い出したりするんですけど。

 

サタケのおやじが来られるそうで。

 

親父さんが、西陣の町家に自分のギャラリーをつくる際

 

大徳寺の和尚さんに「ここにどんな名前つけたらいい?」と聞かれたそうで。

 

すると和尚さん。

 

この場所は、

 

「わたしは〇〇なことをした、すごいだろう!」「俺はこんなことをした、偉いだろう!」

 

という人たちが集まる場所ではなくて、

 

「わたしはまだまだ〇〇が足りない。」「俺はまだこんなこともできていない、愚かだ。」

 

といって驕らずに研鑽を積む人たちが集まる場所の方がいい。

 

といって、名前を「 愚 庵 (ぐあん) 」と付けたというお話。

 

 

愚かだと言いながら、成功を収めている大先輩たちが今も研鑽を積み生きている。。。

 

 

そう思うと、なんかハァ〜って 。。。

 

 

でももう若い頃のように「よしっ、わたしもがんばろっ!!」とはならなくて。

 

ヒロシの2年前は「がんばろっ!」ってなってたみたい↓

きりん商店へ行ってきたよ。

 

 

物事に向き合い続ける自分を粛々と受け入れ、

 

上がったり落ちたりもせず、無事、健やかに、を望みます。。

 

あら、デザインの話は何処へやら。。。

 





-しごとのこと, デザインのこと, 日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

きりん商店へ行ってきたよ。

霧島のきりん商店さんへ初めて行きました。 もう心が揺さぶられましたー。 ほんと行ってよかったー。 お店や商品はもちろん素晴らしい。 でもすごいのがご夫婦が素晴らしすぎ! あー、気持ちの良い時間を過ごせ …

no image

昔からあるものを、自分のものにしていく。

  裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。   自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。   また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。 …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …

卒業式の服装問題

三月は卒業シーズン。入学式も控えているので、着物の着用も増えます。   着物に関わらず、卒業式や入学式の服装って難しいなぁと思います。   そのときしか着られない服装が多いような気 …

またどこかでお会いしましょう。

  本日をもって閉店セール大盛況のうちに終了いたしました。   ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。 おかげさまでほぼ空っぽ。 商品の在庫はほとんどなくなりました。 …