日々思うこと

雨乞い、

投稿日:2018年5月22日 更新日:

だんだん暑くなってくるんだよなぁと、

冬を忘れてもう暑さに嫌味を言い出すよ。

 

さらに着物屋泣かせの梅雨の時期も到来する。

もう、すぐにでも来そうだね梅雨。

 

「雨」のつく言葉は好きなんだけどなぁ。

時雨、雨音、雨乞い、穀雨、

 

わたしが梅雨時生まれなことも関係しているのか。

もうすぐ迎えそうなのがもうやだ。

 

雨の降る日は動かない。動きたくない。

 

でも、誰かに呼ばれたら動く。

さらに言えば、気持ちのいい人たちに呼ばれたら嬉しい。

 

そして、気持ちのいい人たちと、雨の日に動く。

 

これはこれで気分がいい。

 

だから、天気とか自然を言い訳にしている自分は、

 

嫌なとこに身を置いているのかもなぁ。

 

もっと気楽で身軽なとこに身をおいていこ。

 

自分の気持ちいい方向を信じなきゃいけない。

 

気持ち悪いところを離れて、気持ちいいとこへ。

 

そのうち、常識が通用しなくなったら、

たぶん気持ち悪かったところも、気持ちいいところに変えられるんだよね。

 

逆も起こりうる。

気持ちよかったところが、気持ち悪くなることもある。

 

無常ですよ無常。

 

 

 

 





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

新品でも古着でも、今、きもちいいものを選べばいい。

私は、基本、新品の着物しか扱いません。 しかしお客様から依頼があったとき、古着を提案することもあります。

ものに溢れた現代に生きるわたしたちは豊かではない

  これは使っててもいずれ捨ててしまうだろうな。   そう思いはじめたら、買わなくなってしまった。   そんなものに溢れた現代に生きるわたしたちは、豊かではないんだ。 & …

デザインのお仕事も。

  ここずーっとデザインのお仕事が頭の中にいる。   いつもどこか片隅にありながら、生活する。     常に考えているわけでなく。   晴れの日に漠然 …

あたらしい仕事をはじめる。

ただ息をしているだけなんですが、   生きている。というと、   前を向いている感、プラス思考なイメージを言葉から受けるのですが。   ほんとにただ、生きている、仮に「死 …

日常から離れたものは

  こんにちは。ヒロシです。   上の写真は、土管とかも陶器でつくってた常滑で撮った写真です。     日常から離れてしまったものは、後回しになるよね。ってお話 …




最近のコメント

アーカイブ