日々思うこと

柔らかいのと硬いのと。

投稿日:2018年6月7日 更新日:

プラスとマイナス、晴れと雨、陽と陰、

 

硬いものと柔らかいもの、

 

ベッドが柔らかいから、わたしの身体が硬いとして。

 

ベッド(寝床)を硬くしたら、わたしが柔らかくなるのでは。

 

と、硬い床で寝るようになりまして。

 

水平な床で寝ると、猫背とかも矯正されるんじゃないかって。

 

姿勢が悪くて腰痛持ちのわたしですから、なんでも試したくなります。

 

あと、やはりヨガも少しずつ始めています。

 

You tubeの動画を見ながら始めました。

 

身体を柔らかくしたい。という願望はずっと昔からあります。

 

いつの間にか、願望は願望のまま付き合っていくようなことになると、

いつまでも柔らかくならないですので。

 

一粒の薬で劇的に柔らかくなるものではないから、

小さく、続けられるようヨガに取り組む。

 

ヨガをすると、身体の硬さに直面させられて、

「身体の硬い自分」の記憶を消せない。

おそらくそれを、呼吸を柔らかく続けながら消していく作業。

 

硬い床と、硬い身体が接するので、バランスが悪く、接している面が痛い。

動かしていると身体の関節がパキパキと音を立てる。

硬い床は柔らかくならないから、硬い身体の方が間違いなく柔らかくなるはず。

 

床に大の字に寝転がって、

リラックスのポーズだけで身体が柔らかくなればいいのに。

 

心地よい方を目指すとき、硬い身体を慣らすために少し険しい道がある。

今のままでいい、と変化しない方が楽なことは皆、体験済み。

 

変化しなければ、

気は楽(柔らかい)、身体は硬い。

 

変化するには、

気を硬く(気合い入れて)?、身体は柔らかくなる?

 

心地よい方へ向かうのが大変って。どゆことですかね。

それが当たり前って世界なんですかね〜。

 

ま、わたしは緊張が生み出す美しさが好きですから。

着物にも、器にも、花にも感じる美しさ。

 

気を張って、柔らかく見せる。そんな世界はたまにあるといいなと思います。

 

 





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

ゆずる

  以前、お坊さんのところへよく話を聞きに行ってた。   電車やバスで、お年寄りに席を譲るとき。   「次で降りますので」と言いながら、隣りの車両へ移動すること。 &nb …

花を入れる。

先日は住んでいるところの清掃作業がありまして。   もう草木が伸びて伸びて、これからさらに伸びるでしょ。   鎌を持って、雑草を根っこのほうから刈り取る作業。だいたい1時間ほど。 …

no image

2月3日。

  もう節分もとうに過ぎたけど。   一昨年まで、2月3日はお寺の祈願祭の手伝いをしていた。   12年ほど続けたんじゃなかったかな。   良い環境で、年に一度 …

ソウルへ

——————————————&# …

あたらしい仕事をはじめる。

ただ息をしているだけなんですが、   生きている。というと、   前を向いている感、プラス思考なイメージを言葉から受けるのですが。   ほんとにただ、生きている、仮に「死 …