着物のこと

麻を洗う。

投稿日:2018年6月9日 更新日:

 

古い麻の着物をいただいた。

 

生地を愛する人からいただくものは、

古いけど、古いから、質が良いものが多い。

この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。

 

触って、羽織ってみて、いい麻で。

 

これは涼しいだろうなと直感。

 

古いものだから、丈もぴったりではないし、普段着だし、自分で洗ってみようと。

 

ドボンと水につけてひととき。

 

軽く押し洗いして、軽く水を切って、そのままベランダで陰干し。

 

天気が良いときだったからすぐ乾く。

 

ハリがあって、やはり羽織ってみて涼しい。

 

今の麻とは違うような気がする。

 

こんな素敵なものを着て昔の人は暮らしてたんかいっ。

 

暮らしは、時代が進むにつれて上辺だけになっていき、

人の手が介在しなくてもいい世界がどんどん成立していって、

用途だけ備えた無機質な製品が生まれるけど、

 

シンプルに、人の手で生み出すことに真剣に取り組み、

昔のものから学び、試行錯誤して技を磨いて一つずつ生まれる製品もあって。

 

どちらが嘘か選べばいい。

 

君はどちらをゆく。

 

僕は真ん中をゆく。

 

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小さく小売業を続けるにあたって

  本当は着物が売りたい!   色々考えてしまって売れなくなってしまっている。   小売業が辛くなってしまって、ただいま放棄している。   いろいろと着物に関す …

no image

働かないを実践中。

  消費者が神様な世の中で、もちろん私たちもお客様がお金を使ってくださるので 今まで生きてこれたと思ってます。   そのためお客様の声はもう絶対聞かなきゃって無意識に思ってるんですよ。 なので、できま …

昨年の夏、台湾に行きたくなったのはこれだったか。

  あっという間に正月が終わって。   平常運転。いや、いつもより着物のお仕事が多いのが1月です。   年末にお預かりした、七草に着られるお子さんのお着物のお直し。 &n …

no image

着物屋がなくてもいい世の中

もう着物屋がいらない世界だよね〜、 人によっては随分前からそうなんだけど。   今の世の中は「着物を着たいなぁ」って思えば、 ネットで自分で調べて買って仕立てて着られるはず。   …

no image

くちずさむ

おしりをだしたこいっとうしょう、   たまたま口ずさんでしまったフレーズに、「この歌詞にはどんな意味があるの?」   前の歌詞が思い出せず、調べてみたら、 「クマの子 見ていた かくれんぼ〜♫ おしり …




最近のコメント

アーカイブ