着物のこと

麻を洗う。

投稿日:2018年6月9日 更新日:

 

古い麻の着物をいただいた。

 

生地を愛する人からいただくものは、

古いけど、古いから、質が良いものが多い。

この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。

 

触って、羽織ってみて、いい麻で。

 

これは涼しいだろうなと直感。

 

古いものだから、丈もぴったりではないし、普段着だし、自分で洗ってみようと。

 

ドボンと水につけてひととき。

 

軽く押し洗いして、軽く水を切って、そのままベランダで陰干し。

 

天気が良いときだったからすぐ乾く。

 

ハリがあって、やはり羽織ってみて涼しい。

 

今の麻とは違うような気がする。

 

こんな素敵なものを着て昔の人は暮らしてたんかいっ。

 

暮らしは、時代が進むにつれて上辺だけになっていき、

人の手が介在しなくてもいい世界がどんどん成立していって、

用途だけ備えた無機質な製品が生まれるけど、

 

シンプルに、人の手で生み出すことに真剣に取り組み、

昔のものから学び、試行錯誤して技を磨いて一つずつ生まれる製品もあって。

 

どちらが嘘か選べばいい。

 

君はどちらをゆく。

 

僕は真ん中をゆく。

 

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …

スカパーと振袖

今週のお題「犬派? 猫派?」   こんばんは。私は猫派です。   ちなみにただいま私たちの町がスカパーの「旅猫ロマン」にてオンエア中です。   www.tabichan. …

no image

私という着物屋は偏っている。

私が思っていた「良い着物屋」とは何だったのか?   ・「欲しい人に欲しいものをちゃんと届ける」 ・ 下品なことをしてはならない。 ・ 着物にふさわしい人になろう。 ・ この人から買ってよかったと思われ …

no image

国際交流と着物。

  着物を扱うだけで。国際交流できる。   成人式の4日後には鹿児島国際大学へ出張で着付けへ行ってきました。   最近着付けばかりしています。   着物を買う、 …

no image

作り手には、伝えたい何かが、力が大きい。

ただいま西陣坐佐織の企画展を開催中。月曜まで。   9月にお会いしたばかりの佐竹さんに会う。 相変わらず元気で、出てくる言葉や会場で起こる事象が神がかる。 福の神のように、お客様を感動させたり、冗談を …




最近のコメント

アーカイブ