着物のこと

麻を洗う。

投稿日:2018年6月9日 更新日:

 

古い麻の着物をいただいた。

 

生地を愛する人からいただくものは、

古いけど、古いから、質が良いものが多い。

この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。

 

触って、羽織ってみて、いい麻で。

 

これは涼しいだろうなと直感。

 

古いものだから、丈もぴったりではないし、普段着だし、自分で洗ってみようと。

 

ドボンと水につけてひととき。

 

軽く押し洗いして、軽く水を切って、そのままベランダで陰干し。

 

天気が良いときだったからすぐ乾く。

 

ハリがあって、やはり羽織ってみて涼しい。

 

今の麻とは違うような気がする。

 

こんな素敵なものを着て昔の人は暮らしてたんかいっ。

 

暮らしは、時代が進むにつれて上辺だけになっていき、

人の手が介在しなくてもいい世界がどんどん成立していって、

用途だけ備えた無機質な製品が生まれるけど、

 

シンプルに、人の手で生み出すことに真剣に取り組み、

昔のものから学び、試行錯誤して技を磨いて一つずつ生まれる製品もあって。

 

どちらが嘘か選べばいい。

 

君はどちらをゆく。

 

僕は真ん中をゆく。

 

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。   それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。   それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ …

10回目だった美山窯元祭りを振り返って。

前回の記事を書き出したときに気づくという失態。   10回という節目の美山窯元祭りがすーっと終わりそうだったので振り返ろうかなと。   毎年、11月3日をはさむように3〜5日間と開 …

no image

ネットで買える商品は扱わない

今後も呉服小売業を続けますが、   することしないことをもっと決めていこうと思ってます。   まず、ネットで買える商品は扱わないようにしよう。   大抵、価格の低い木綿等 …

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …

これから先に蒔く

  今の自分たちがなんとか生きていけているのは 過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。   じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、 過去の自分たちに感謝しなが …




最近のコメント

アーカイブ