着物のこと

麻を洗う。

投稿日:2018年6月9日 更新日:

 

古い麻の着物をいただいた。

 

生地を愛する人からいただくものは、

古いけど、古いから、質が良いものが多い。

この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。

 

触って、羽織ってみて、いい麻で。

 

これは涼しいだろうなと直感。

 

古いものだから、丈もぴったりではないし、普段着だし、自分で洗ってみようと。

 

ドボンと水につけてひととき。

 

軽く押し洗いして、軽く水を切って、そのままベランダで陰干し。

 

天気が良いときだったからすぐ乾く。

 

ハリがあって、やはり羽織ってみて涼しい。

 

今の麻とは違うような気がする。

 

こんな素敵なものを着て昔の人は暮らしてたんかいっ。

 

暮らしは、時代が進むにつれて上辺だけになっていき、

人の手が介在しなくてもいい世界がどんどん成立していって、

用途だけ備えた無機質な製品が生まれるけど、

 

シンプルに、人の手で生み出すことに真剣に取り組み、

昔のものから学び、試行錯誤して技を磨いて一つずつ生まれる製品もあって。

 

どちらが嘘か選べばいい。

 

君はどちらをゆく。

 

僕は真ん中をゆく。

 

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

分業が生むメリット

この間、効率化とか分業の話をしましたが。。。   今年の1月、着物業界では世間を騒がせた問題がありましたね。   はれのひ、ハレノヒ?問題。   多くの新成人の方々が、振 …

10回目だった美山窯元祭りを振り返って。

前回の記事を書き出したときに気づくという失態。   10回という節目の美山窯元祭りがすーっと終わりそうだったので振り返ろうかなと。   毎年、11月3日をはさむように3〜5日間と開 …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

頭の中では書けたのに、画面に文字が出てこないよ。

なんかこう、頭の中に次から次に文章が出てくるときがあるけど、   それをそのまま文字に起こしてくれるような時代がくるんだろか。   人工知能とかなんとかで。   いざブロ …

ポニーメイツ

申し訳ございません。 明日19日は営業予定でしたが、都合によりtawaraya美山は休業致します。 20日〜22日までは予定通り営業致しますのでどうぞよろしくお願い致します。 今朝はポニー号が美山へや …