しごとのこと 日々思うこと

どちらもできた方がいいよね。

投稿日:2018年8月8日 更新日:

どちらがいいとか、悪いとかではなく、

サラリーマンも自営業も出来た方がいいだろうなと思ってます。

自営業だけに縛られなくていいし、サラリーマンだけに縛られなくていい。

「働きかた改革」なんてこういうことですよ。

理想としては、1年のうち3分の1は自営業。とか、サラリーマンを3分の1とか。

残りを休養にしたり。ボランティアにしたり。自分で組み立てられるといいな。

1年間生きるために必要な分だけのお金を短期間に集中して稼いで、残りを自由に過ごす。

わたしたちのような夫婦2人で子供いなくて、
どちらの両親も健康だからできることかもしれませんが、こんな生き方を実験中です。

これを実践していると、小売というサービスへの関わり方も変わる気がする。

どちらにも偏らない。サラリーマンにも自営業にも。

生きる場所、生活する場所も偏らない。

故郷で暮らしたり、初めて足を踏み入れる土地でも、海外でも暮らしたりして。

どちらにも偏らない。白黒つけない。グレーのまま。

そんなバランスを取った生き方を実験する。

すると、現状だと変人扱いされるかもしれないけど、たぶん当たり前になる。

リスクを取っているようで、リスク管理している。

いつも謙虚に、どこでも謙虚に。

場所とか環境には順応できる柔軟な自分でいられるように。

慣れなかったり、馴染めなかったりしたら離れればいい。

あぁ、こんな生き方、許されないだろうなぁ。。。





-しごとのこと, 日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

明日から美山窯元祭り

明日、11/3から5日まで「第32回 美山窯元祭り」です。   弟の店「竹取食堂 休庵」の隣で、 来年の干支もの雑貨を販売したり、セール品を出したりします。   お祭りの時は着物関 …

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …

田舎でくらすには、いろんな技術が必要になる。

私は約10年ほど前に、着物屋という仕事を極める道を選んだ。   それが土台にあるから自然と自分に入って、出て行くものがある。   それを繰り返すうちに興味やセンスも変化し、少しずつ …

誰のためにでもは働かない

マイナス思考の自分が、ここ最近は上向きだ。   気持ちが上向きだ。これは旅のおかげだ。   2泊3日の旅をしてきた。気のおける友達と。   こんな大人になって、大学生の卒 …

no image

100日後に死ぬワニ

近頃ちょっと話題になった4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」。 皆さんは読まれましたか。 つい先週、夫から紹介されて読みました。 なんの特徴もない日常を描いた4コマ漫画なのですが、 主人公のワニが100 …




最近のコメント

アーカイブ