着物のこと

着物屋とは呼べない着物屋。

投稿日:2018年9月26日 更新日:

 

先々週の鹿児島での活動の売上や経費など事務作業をしている横で、

まりこは明日の自分の作業の予習をしている。

それを見ながらなんか焦る。。

明日の自分の仕事内容なんだっけ?

あぁ、明日も無事にお仕事を終えたい。。

 

ひとりが遅れると、まわりにも迷惑がかかるようなお仕事。

プレッシャーが常にありますとも。

なるべくまわりに迷惑かけないよう。

でも一番の迷惑は「身体を壊して仕事を急に休むこと」だろう。

それは絶対に避けるよう休息はちゃんと取ろうと思って身体を休めている。

 

昨日まで連勤が続きまして。。

鹿児島から戻ってまたこっちの生活が当たり前になって。

 

5日間の連勤は初めてだったので体力が持つか心配だったけど

ぎっくり腰になりそうになりながら辛うじて今日の休みに辿り着けた。

 

朝から晩までグウタラ。

 

温泉で疲れが取れるのかわからないけど、10枚綴りの回数券を買って。

温泉へ行ってはすぐに部屋に戻り、ただグウタラ。

 

10月に入ったのもあっという間で。

こちらはもう長袖じゃなきゃ寒いし、

車のタイヤはスタッドレスにしなきゃいけないかな〜とか

初の雪が降りそうな地域での秋から冬にかけて。。準備しなきゃね。

 

ただいまのこんな生活、おもしろい反面、まぁ当たり前に大変。

 

はやく前の生活に戻りたい。。とは、まだあまり思っていない。。

前の生活に戻るとは思ってないから、

次はどんな生活かな〜と、ボ〜ッと探っています。

 

たぶん、こんなサービスが整っていくんだろうなぁと

予想はつくので、そんなサービスが出てきたら試しながら

生活しそうです。

 

さて、ずいぶんと着物から離れて暮らしております。

先日はひさしぶりに着物を納めたり、畳んだり、

触れる機会がありまして。

まぁ当たり前ですが、自然と、手慣れたもんで、畳んだりするんです。

数ヶ月触れなかったとしても、関係ないくらい着物が身についているんでしょうね。

そして、着物がある景色から現代の生活も見たりできる体質になってるんでしょうね。

10年なんて短い年月ですが、わたしたちを作ってきたんでしょうね。

 

着物から離れてても、もう二度と離れられない

何かが身についている、気がします。

 

着物を販売しない着物屋。

 

着物屋とは呼べない着物屋。

 

お客様のお役に立たない着物屋。

 

即ち「着物屋」ってことは外せないようです。

 

誰からも着物屋だとは思われなくてもいいんですが、

たぶん着物屋ってことは自分自身で外せないほど身についてる気がします。

誰からも忘れられたあとの世界でなら着物屋になってるかなぁ。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今もがいてる人は、たぶん間違ってない。

ちょうど一年前にも行ったライブに、今年も行けた。   そしてまた思い出した、ちょうど一年前くらいからもがき出したな〜と。   種はその前から随分とあって。違和感がよくわからないまま …

小さく小売業を続けるにあたって

  本当は着物が売りたい!   色々考えてしまって売れなくなってしまっている。   小売業が辛くなってしまって、ただいま放棄している。   いろいろと着物に関す …

サタケのおやじが来られるそうで。

    先週の決算閉店セールから今日まで。   予定が詰まりすぎて大変。   ありがたいことにいろんな注文いただいたり、   またレトロフトを退去する …

no image

新品でも古着でも、今、きもちいいものを選べばいい。

私は、基本、新品の着物しか扱いません。 しかしお客様から依頼があったとき、古着を提案することもあります。

10回目だった美山窯元祭りを振り返って。

前回の記事を書き出したときに気づくという失態。   10回という節目の美山窯元祭りがすーっと終わりそうだったので振り返ろうかなと。   毎年、11月3日をはさむように3〜5日間と開 …




最近のコメント

アーカイブ