日々思うこと

コロコロ大事。

投稿日:

 

こんにちは。ひろしです。

 

なんと2連休ですっ。昨日から休んでて今日まで休みっ。

 

この2日間を利用して、わたしたちは完全な健康体にもっていきたい。

 

もうこんなチャンスないのだ。

 

しかし寒さが邪魔をする。。。北陸、やっぱ寒い。

 

だらしない格好のまま、昨年の今ごろは何をしていたのか、

 

いつものようにふとスマホの写真を振り返る。

 

あぁ、レンタル着物を利用されたお客様のツーショット写真が並ぶ。

 

まぁいつもの「このときはまさか店を閉めるなんて考えてもないよなぁ」

 

 

店を閉めて、

 

全く違うお仕事をして、

 

頭も身体も擦り切れるまでこき使って、

 

大いに苦しんで、

 

訪れた『2連休』も積極的にダラダラと疲労回復に努めて。

 

この生きかた、なんなんだろ?

と、二人でふらふらになりながら呆れ笑う。

仕事帰りにいっつも可笑しくなって笑い合う。

 

 

生き方は選択次第で変化していく。おもしろい。

 

 

こんな生き方もアリだよって、

『レール』から外れた人がいたら教えてあげたい。

こんな生活でも、たぶん将来は、大丈夫だよと。安心してほしい。

 

 

今の環境が嫌なら、変えることは選べる。

 

また、もし環境が嫌でも変えなかったら、

 

変えないことも「選んでいる」。

 

はい、いつもの「自分次第」と「捉えかた次第」。

 

 

 

わたしたちの選んだ「荷物の少ない生きかた」は、

 

まったく不便なく暮らせておりまして。

 

いえ、不便なくと言っても先日どうしても欲しくなったものがあったな。

 

「掃除機」。。

 

7月中旬から今まで、掃除機ナシで暮らしてます。

 

じゃ、何を使っているかというと

 

ほうき、コロコロ、雑巾、です。

 

ほうきで掃き、コロコロで、コロコロする。

 

畳の上もフローリングも台所も

 

こんな感じで掃除してます。

 

そしてたまに雑巾で拭き掃除。

 

しかし仕事が長引いてくると、連勤がつづいてくると、

 

どうしても雑巾がキツい。コロコロはまだコロコロできるんだけど。

 

そして、先日「掃除機」を探しに行ってしまいました。。

 

 

まずリサイクルショップを探す。(新品で買おうってのは次の選択なんですよ)

 

2軒ほどまわる。

 

そのときなるべく小さいものでいい。

 

また車に積んで運ばなきゃいけないから、

コードレスの小さくてコンパクトで、

馬力なくていいからスマートなやつを探して。

 

やっぱ無くて。

 

電気屋さんに行って。K’s電機に行って。

 

見るけど、なんか立派なやつしかなくて。。

 

なんか違うよね、と二人で。。。

 

ヤマダ電機も見る?と、まりこに聞きながらもう疲れて帰る気満々で。

 

結局、掃除機を買わないまま。

今もコロコロをメインとした掃除をしています。

 

こっちに来る前に掃除機を処分してきた。

 

10年は使った掃除機だった。よく働いた掃除機だった。

処分するとき、悲しかった。

平気な顔で武岡の北部清掃工場へ持って行ったけど、悲しかった。

 

 

 

次の掃除機。選べないよね、なかなか。

 

 

だから当分コロコロ。

 

 

コロコロは電気いらないし、車内でも場所取らないし。

 

コロコロとは長い間、良い関係を築いていけるんじゃないかって思ってる。

 

おわり。

 

 





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

着なくなった着物が再生するときもまた喜びが生まれる。

——————————————&# …

10回目だった美山窯元祭りを振り返って。

前回の記事を書き出したときに気づくという失態。   10回という節目の美山窯元祭りがすーっと終わりそうだったので振り返ろうかなと。   毎年、11月3日をはさむように3〜5日間と開 …

美山で出来た器たち

  何十年も前につくられた陶器が、今の時代に良かったりする。   この写真の皿も民藝のようなものだ。   ものの価値って人それぞれで、ゴミにしか見えない人もいれば、 &n …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …

no image

たしか、着物屋をはじめる、となった時

  たしか、着物屋をはじめる、となった時   着物屋というプロを演じる。その道を歩くことを選ぶわけですが、     はじめ、知識、経験共にない。   …




最近のコメント

アーカイブ