お出かけ サラリーマン生活 日々思うこと

温泉のある町。

投稿日:2018年10月16日 更新日:

 

 

こんにちは。ヒロシです。

 

上の写真は、先日行ったオシャレなお店です。喫茶とランチと。

また行きたいっ。

少し緊張感のあるお店だったので、なんか店内で写真は撮れなかったです。。

そういうとこあるよね、わたしたち。

その緊張感が出るお店、いつかやってみたいっ。

 

 

えー、ただいま温泉の町で暮らしてますからね。

 

いろんな温泉があるんですね。

 

ほぼ全箇所、一回は行きましたね。。

 

温泉、癒されるんですよ。

 

疲れた身体を回復させるには、温泉に入ることだと言い聞かせてるんです。

 

温泉に入るって体力要るんですけどね。

 

なので、頭の中では「温泉でさらに身体を疲れさせ、家に帰れば強制的に身体が休む方向へいくんじゃないか。」と思ってます。

 

 

わたしのイメージの温泉は、

「お風呂、水風呂、サウナ、ジェットバス」みたいなものが色々と付属されているんですが。

 

こちらの温泉はとてもシンプルで、洗い場と大浴場しかないパターンが多い。

 

水風呂もない。サウナはほとんどない。

 

[水風呂→サウナ]の往復をしたいんですけどね。あんまりないんですよ。

 

そして熱いもんですから、あんまり長く入ってられない。。

 

寒い地域だからですかね、鹿児島では1時間くらい入ってたんだけどな。

 

でもこの間見つけた温泉が、

水風呂、サウナ、露天風呂、ジェットバスと付いていたので

 

もうそこの回数券を買っちゃいまして。

 

休みの度に、そこへ行って癒されています。

 

[水風呂→サウナ]を3往復できたら達成感あります。

 

そして温泉の町だからですかね。

 

利用者めちゃくちゃ多い。

 

駐車場がどの時間帯に行っても大抵7〜8割埋まってる。。

 

わたしたちの休みは平日が多いので、よく平日の昼間に行くんですけどね。

 

じいちゃんばあちゃんが多くて、憩いの場になってて。

 

温泉の入り口入ってすぐのところにベンチやソファが並んでて、

 

その前にでっかいTVがあってワイドショーなんか流してて。

 

それに向かってじいちゃんばあちゃんが、あーだこーだと喋ってる。

 

憩いの場です。自販機にジュースもビールもあるし。

 

風呂上がりのじいちゃんばあちゃんは、長い時間そこで腰掛けてゆっくりしてる。

 

いいなぁ〜。と、そんな空気の中には馴染めないけど。

 

そういう場所として温泉は必須なんだなぁと。

 

その「日常感」にまたわたしたちは癒されるんですね。

 

半年パスポートとか月間パスポートとかあるから、

住民は安くで入れるんですよ。

 

17時を過ぎたら、仕事帰りのおじさんたちがまたガーっと入ってきて。

 

パッと身体洗って、サッと湯船に浸かって、颯爽と出ていく。

 

わたしはだいぶ長居するので、

じいちゃん達に紛れてずーっと温泉の何処かに潜んでます。

 

で、じいちゃん達が多い温泉ですから。

 

少し若いだけで目立ってしまうので、なるべくその温泉の景色に同化しようと意識しててですね。

 

まず、じいちゃん達の動きが遅いから

温泉の中での動きが、立ったり、座ったりが遅いから。

わたしもその動きをマネして、ゆったりと立ち上がったり、歩いたりするんですね。

 

たまに若い人が入ってきて、ささっと歩いたり、バッと湯船から出たりするのを見ると、違和感を感じるわけですよ。

 

なのでわたしは、もうおじいちゃんのように。

ゆったりと。ときに全く動かずジーっと湯船に肩まで浸かって。

寝てるのか起きてるのか、わからない固まってるじいちゃんをマネたりして。

 

 

いや〜、温泉、よかですね〜。

 

今度お店するなら、温泉やりたいなぁ。

 

と、鹿児島にいる頃から二人でよく話してましたけど。

 

「癒しの空間を提供したい」欲求があるわたしたちは、

 

いつか温泉、縁があればやってみたいですなぁ。

 

しかしそれも今だけ、の欲求かもしれないけどね。。

 

 





-お出かけ, サラリーマン生活, 日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

竹林整備2018年度

こんにちは。ヒロシです。      この間のように少し振り返りまして、2019年の1月に入ってから、看板作ってました。   わたしの実家がある「薩摩焼の里 美山 」の竹林整備事業のための看板です。 以 …

台中楽しかったよ。

今日は台中を離れて、台北に戻る。 台中、全然都会的だった。 鹿児島育ちの身としてはだけど。 なんで台中に行ったの?と、聞かれたら 彼らが「良かった」と言ったことがひとつ。 彼らの視点は信頼してて、あと …

あたらしい仕事をはじめる。

ただ息をしているだけなんですが、   生きている。というと、   前を向いている感、プラス思考なイメージを言葉から受けるのですが。   ほんとにただ、生きている、仮に「死 …

あきない飽きない商い

続いていることが賞賛や信頼に繋がる。   続くことに意味もあるんだろうけど、   続けようと思って今の仕事に取り組むのか、   取り組んでいたらいつの間にか永く続いていた …

1年前は1日3食だったみたい。

  こんばんは。   今週あたまの雨風が強くて梅雨みたいな春一番みたいな悪天候を抜けて。 今日の天気はもう新緑も過ぎて夏前を感じるような。 安定した天気になりそうな。 そんなことを …




最近のコメント

アーカイブ