日々思うこと

健康で文化的がない。。

投稿日:2018年11月1日 更新日:

 

 

こんばんは。ヒロシです。

 

11月に入りましたね。だいぶ寒くなってきました。鹿児島も寒いんだろうか。。

 

寒いうえに早朝出勤(4:30に家を出ます)のお仕事ですので、大変です。

 

でも早朝から動き出す生活に慣れると、休日も充実しますし得した気分になりますね。

 

本日お休みでして、当たり前のように温泉へ行くんですけど。

 

温泉に入る前に脱衣所で全裸になって、体重を測ると50.65kg。

 

ゆっくり温泉に浸かってあがって、全裸のまま体重を測ると50.00kg。

 

この0.65kgマイナスは『疲労』が流れたんだと言い聞かせています。

 

だから疲労がなくなってるはずなんです。入る前と後では違うはず!

 

と、思いたいくらいまだ疲労が残っている現状なんですが。。

 

来月にはお仕事も終わってますので、普通に56kgくらいに戻りそうだなぁ。

 

美山では明日から窯元祭りです。

毎年大変駐車場とか混み合うお祭りなんですが、ぜひお遊びにどうぞ。

美山窯元祭りが今週末だって。

 

しかし、いつもの美山の方が静かで好きです。

ぜひお祭りが終わった後の美山もオススメです。

 

竹取食堂休庵はどうするんだろう?

 

弟のお店は多分開けると思いますが、駐車場整備などで人手が足りないので

お店が開けられなかったりして。。。と心配しています。

 

メインで動ける人手が足りない美山。

その中で大規模なお祭りを開催して

日置市職員の皆さんも休日返上で働いて。

 

ありがたいのですが、いつかお祭りの縮小も検討してほしいですね。

 

今、拠点としている町も。

過去の栄光のような大きな宿泊施設、旅館、広い敷地。

数年前に廃業してしまった建物とか、そこで働いていた人たちが

住んでいたであろう古いアパートも閑散と立ち並んでて。

 

人口減少ってことは、こんな光景が全国に広がっていくことで。

 

働く人も少なくなるし、お金を使う人も少なくなる。

 

いろんな場面で「縮小」を考えなきゃいけないけど。

 

縮小を考えることができない。特に地方ができなさそう。

 

移住とかで人口増やそうという取り組みがあるし。

 

最近は地方創生のような情報が全く入ってこないので

 

今、どんな動きになってるんだろうね。

 

 

 

今の若者の働きかた。いや、今の環境で働いてる人たちを想像すると。

 

朝から晩まで働いて、

帰ったら疲れてるから自宅で料理がなかなかできなくて。

近くのコンビニとかでお弁当とか冷凍食品を買って帰って。

家でテレビをつけて、見ながら夕食を食べて。

たまの休みには、外食を奮発して。

自分へのご褒美に美味しいランチをいただいて。

お金はこんなにいらないから、もうすこし休みがほしい。

お金を使う暇がないほど、働いて、疲れて、休んで、また働いて。

 

こんな人たちが多いなら、日本経済は回り続けるよう仕組まれてるんだなって。

 

考える暇がないから、マイホームも同僚が買えば検討しなきゃってなったりして。

 

なんかね、若者がすんごく頑張ってるから。

 

若者が快適に働けたり、過ごせたり、

 

そんな環境を準備できる大人になりたかったなぁって思うよね。

 

今からでもすこしずつそんなことを考えながら準備していきたいです。

 

 





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台湾1週間、食事辛激。

台湾のトイレ事情にもすっかり慣れて。 「大飯店」の看板を見ても、ごはん屋ではなくホテルだとか。 あれ、しかし「〇〇酒店」もホテルっぽいぞ?とか。 30元くらい(約120円かな?)で食べるネギ餅が美味し …

過剰接客日本。

  こんにちは。ヒロシです。   下書きで、埋没してしまうブログがたくさんありまして。   掘り起こして発表しまーす。 すみません、リアルタイムでなくて。。   …

リセット

出発前日の夜、 12/4の、もう19:00をまわってたんですけどね。 どこかのイオンに入ってるユニクロに寄りまして。 紺色のニットキャップ500円を見つけまして。 何気に被ってみたら「良いかも」って。 …

着なくなった着物が再生するときもまた喜びが生まれる。

——————————————&# …

no image

たしか、着物屋をはじめる、となった時

  たしか、着物屋をはじめる、となった時   着物屋というプロを演じる。その道を歩くことを選ぶわけですが、     はじめ、知識、経験共にない。   …




最近のコメント

アーカイブ