日々思うこと

2019スタート

投稿日:2019年3月4日 更新日:

3月4日早朝、お隣さんがゴソゴソと動き出した気配に気づく。

あ、このくらいの時間に起きるんだな。

このくらいの時間に出勤なんだな。

明日の今ごろは、こんな時間に、

いやこれよりも少し早めに出勤したほうがいいな。などと考えながら

まだ着いて24時間も経ってない寮の6畳の和室で目覚める。

昨日の16:30ごろ入寮して、

寮と言ってもアパートだが、2DKのキレイな部屋。

広すぎて寒々しい。

前回同様、6畳和室だけで生活しそう。

担当の方に案内され「明日からお願いします」と見送って。

すぐさま部屋に戻り、2人して雑巾を用意して部屋掃除を黙々と始める。

いつもどおりのパターン。

わたしは畳をゴシゴシと拭きあげる。

まりこは水回りを重点的にゴシゴシと。

畳やフローリングを拭きあげ、

6畳和室と6畳フローリングを繋ぐ引戸と、

6畳ダイニングと6畳フローリングを繋ぐ引戸が磨りガラス格子になってて、

その格子の桟の部分のホコリを雑巾で細かくゴシゴシとこする。

あ、前に住んでた人はタバコ吸ってたんだな、とか。

いろいろとキッチン道具が残ってて助かりそう〜と思いながら、なかなか使わない気もする。

シャンプー、リンスも風呂場に残ってるけど、

これは使わないだろう、とか。

でも捨てるのはどうなんだろとか思って。

結局、そのまま置いてわたしたちもここを退去するんだろうなぁ、とか。

前に住んでた人のことを考えながら。

前の前の人が用意したものかもしれないとか。

そんな他人の部屋に、早くわたしたちのオーラを擦り込もうと。

そんな感じで毎度毎度、部屋掃除を念入りにしちゃいます。

なるべく手を使って。

手からオーラを発してる気分で。

鹿児島と比べてこちらはまだ寒くて。

高さの合わないカーテンのすき間から冷たい風が入ってきそうなもんだから。

ふとん用のシーツをうまく重ねて、すき間を埋めた。

これで寝れる!

用意していただいた掛け布団だけ使わせてもらって。

また、畳の上に寝る段取り。

寒くても十分温かい。

大丈夫そうと確認して、また速攻でまりこがぐっすり。

3月4日早朝、まだ横でまりこはぐっすり。

今日は夕方から出勤。

はー、毎度毎度、この新天地でのスタートに憂鬱になります。

ちょうど3月1日に鹿児島を離れましたが、

高校の卒業式の日でした。

別れ、スタートの月ですね。

わたしたちも、とりあえずスタートしますー。





-日々思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「表現しない」という表現

こんばんは。ヒロシです。 1週間前の気温、台北、暑かった。。 そろそろ日本へ戻ることも考えなきゃ。 北陸はもう雪が降ったかな? 鹿児島は降らないよね? 関空に帰ったときに雪降ってたらどうしよ。 台湾の …

デザインのお仕事も。

  ここずーっとデザインのお仕事が頭の中にいる。   いつもどこか片隅にありながら、生活する。     常に考えているわけでなく。   晴れの日に漠然 …

no image

もう東京へ行かないなんて言わないよ絶対。

私たちは、余裕がないときに、東京へ行く。   金銭的にも、仕事的にも、未来に希望もないとき、   余裕がないから、何かが見つからないだろうかと思って、東京へ行く。   今 …

きりとる

  そのときを切り取る。   自分のブログを読み返すだけでおもしろい。   そのときを切り取って残しておくことはおもしろいんだなと改めて。   こんなことを思っ …

これから先に蒔く

  今の自分たちがなんとか生きていけているのは 過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。   じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、 過去の自分たちに感謝しなが …




最近のコメント

アーカイブ