日々思うこと

アドレスホッパー

投稿日:

 

こんにちは。ヒロシです。(画像は2019.2月熊本現代美術館にて)

 

GW前だからですかね、ホテルもそんなにお客さんいなくて。

 

おかげでお休みがもらえるんです。

 

でも午前中だけ休みとか、午後だけ休みとかだったりなので。

 

本読むか、ネットサーフィンなんですけど。

 

最近また「あたらしい言葉」を見つけまして。

 

その名も「アドレスホッパー」

 

特定の拠点、住所を持たず移動しながら生活する人たちのことを指すようです。

 

コワーキングスペースとかを活用して働ける自営業、フリーランスの人たちが多いみたい。

 

この言葉に遭遇したのは、たしか『ADDress』というサービスを知ったとき。

 

#月4万、#全国住み放題、#多拠点生活、#空き家

 

こんなキーワード。月4万で、全国どこでも住み放題(現在12拠点、今後も増えそう)

 

シェアリングエコノミー+サブスクリプション。なイメージ。

 

なんかカタカナばかりですみません。

 

こんなサービス、出てくるよね〜。

 

いろんなインフラが、テクノロジーとかのおかげで整っていきますね。

 

わたしたちもアドレスホッパーだと思う。

 

自分だけで稼ぐ能力がないから、人手を欲してる地域へ行って働く。

 

人手を欲してる地域は、人を呼びたいから、競合よりも特典を用意して出迎える。

 

わたしたちにとっては、その特典が「住居」「食事」だったりして、

 

その地域へ移動して、働いてるんですけど。

 

わたしたちも昨年『減らす』ことに重きを置いて生活して行く上で、

住処を減らすことを思いついたわけですが。

住所がないと、固定費を減らすことができます。

 

月○万の家賃がなくなる。と、光熱費もなくなり、押入れもなくなるから

ものを持たなくなり、購買しなくなり、所有しなくなり、

そんなことだからシェアリング〜とか、サブスプリ〜とかいうサービスが

どんどん出てくるんでしょうけど。

 

ADDress』というサービスは、月4万という固定費がかかるので、

まだ魅力を感じませんが、この価格が下がってくると検討するかもですね。

 

アマゾンプライムも躊躇しているような夫婦です。

 

サブスクリプション型のサービスは、固定費となってしまうので全く手を出しておりません。

 

さぁ困ったよ。こんな夫婦。

こんな人間ばかり増えたら何にお金を使わせるのよ。

 

最近はもうほとんど『外食』だけ。

外食は気分転換になり、お腹が膨れるし、美味しいもの食べられるし、

良いことづくし。

 

あ、でもイエモンのCDを買ってしまったよ。

 

わたし、イエモンファンでしたから。再結成して初のアルバム!

 

YouTubeで、イエモンの曲を聞いてたら涙が出てきましてね。

 

買っちゃいました。

 

昔、好きだったものを思い出して。

没頭して聞いたりする時間が取れてる今は幸せ。

 

没頭できる自分が、まだいたのかと思って嬉しかったりする。

 

この「没頭できる感覚」を大事にして、次の生き方に反映させたい。

 

アドレスホッパー。

 

あまり関係ないブログになっちゃった。。。

 


 






-日々思うこと
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …

リセット

出発前日の夜、 12/4の、もう19:00をまわってたんですけどね。 どこかのイオンに入ってるユニクロに寄りまして。 紺色のニットキャップ500円を見つけまして。 何気に被ってみたら「良いかも」って。 …

no image

どちらもできた方がいいよね。

どちらがいいとか、悪いとかではなく、 サラリーマンも自営業も出来た方がいいだろうなと思ってます。 自営業だけに縛られなくていいし、サラリーマンだけに縛られなくていい。 「働きかた改革」なんてこういうこ …

台湾朋友

今一番行きたい場所はどこかと尋ねられたら、 真っ先に「台湾。」と答えます。 去年CM撮影のモデルさんがきた時も思ったけれど 今夜はまた台湾へ行きたいと強く願いました。   先日着物のレンタル …

美山で出来た器たち

  何十年も前につくられた陶器が、今の時代に良かったりする。   この写真の皿も民藝のようなものだ。   ものの価値って人それぞれで、ゴミにしか見えない人もいれば、 &n …




最近のコメント

アーカイブ