リゾバ暮らし 日々思うこと

リゾバ暮らしもアドレスホッパーじゃない?

投稿日:2019年4月25日 更新日:

 

こんにちは。ヒロシです。(画像は2019.2月熊本現代美術館にて)

 

GW前だからですかね、ホテルもそんなにお客さんいなくて。

 

おかげでお休みがもらえるんです。

 

でも午前中だけ休みとか、午後だけ休みとかだったりなので。

 

本読むか、ネットサーフィンなんですけど。

 

最近また「あたらしい言葉」を見つけまして。

 

その名も「アドレスホッパー」

 

特定の拠点、住所を持たず移動しながら生活する人たちのことを指すようです。

 

コワーキングスペースとかを活用して働ける自営業、フリーランスの人たちが多いみたい。

 

この言葉に遭遇したのは、たしか『ADDress』というサービスを知ったとき。

 

#月4万、#全国住み放題、#多拠点生活、#空き家

 

こんなキーワード。月4万で、全国どこでも住み放題(現在12拠点、今後も増えそう)

 

シェアリングエコノミー+サブスクリプション。なイメージ。

 

なんかカタカナばかりですみません。

 

こんなサービス、出てくるよね〜。

 

いろんなインフラが、テクノロジーとかのおかげで整っていきますね。

 

わたしたちもアドレスホッパー。

 

自分だけで稼ぐ能力がないから、人手を欲してる地域へ行って働く。

 

人手を欲してる地域は、人を呼びたいから、競合よりも特典を用意して出迎える。

 

わたしたちにとっては、その特典が「住居」「食事」だったりして、

 

その地域へ移動して、働いてるんですけど。

 

わたしたちも昨年『減らす』ことに重きを置いて生活していく上で、

住処を減らすことを思いついたわけですが。

住所がないと、固定費を減らすことができます。

 

月○万の家賃がなくなる。と、光熱費もなくなり、押入れもなくなるから

ものを持たなくなり、購買しなくなり、所有しなくなり、

そんなことだからシェアリング〜とか、サブスプリ〜とかいうサービスが

どんどん出てくるんでしょうけど。

 

ADDress』というサービスは、月4万という固定費がかかるので、

まだ魅力を感じませんが、この価格が下がってくると検討するかもですね。

 

アマゾンプライムも躊躇しているような夫婦です。

 

サブスクリプション型のサービスは、固定費となってしまうので全く手を出しておりません。

 

さぁ困ったよ。こんな夫婦。

こんな人間ばかり増えたら何にお金を使わせるのよ。

 

最近はもうほとんど『外食』だけ。

外食は気分転換になり、お腹が膨れるし、美味しいもの食べられるし、

良いことづくし。

 

あ、でもイエモンのCDを買ってしまったよ。

 

わたし、イエモンファンでしたから。再結成して初のアルバム!

 

YouTubeで、イエモンの曲を聞いてたら涙が出てきましてね。

 

買っちゃいました。

 

昔、好きだったものを思い出して。

没頭して聞いたりする時間が取れてる今は幸せ。

 

没頭できる自分が、まだいたのかと思って嬉しかったりする。

 

この「没頭できる感覚」を大事にして、次の生き方に反映させたい。

 

アドレスホッパー。

 

あまり関係ないブログになっちゃった。。。

 


 






-リゾバ暮らし, 日々思うこと
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生活に必要なもの

モノも食べものも なるべく減らして生きて行こうとしているので、 こちらに来る時もリュックひとつ、最小限の荷物でやって来ました。 <持ってきたもの> 化粧品類、石鹸、洗濯マグちゃん、洗濯ネット 歯ブラシ …

40代で初めてのリゾバ暮らし/1ヶ月経過。

    こっちにきて一ヶ月。はや一ヶ月。まだ一ヶ月?   三日で辞めたくなった現在の環境ですが、続いてます。   自分褒めたい。でもまだ先が長い。。 &nbsp …

明日まで

ご無沙汰してしました。 まりこです。 閉店セール明日で終了です。   ご来店くださった皆様、本当に本当にありがとうございます。 そうだった、こんなに多くの方に支えていただいて tawaray …

日常から離れたものは

  こんにちは。ヒロシです。   上の写真は、土管とかも陶器でつくってた常滑で撮った写真です。     日常から離れてしまったものは、後回しになるよね。ってお話 …

関西に暮らす

今の時期の城崎は旬のカニ料理を求めてこられる 大阪、京都からのお客様がほとんど。 そしてここ城崎も兵庫県の端、関西圏です。 夕食の接客サービスをしていると 私のネームプレートを見て 「ねえちゃん、苗字 …




最近のコメント

アーカイブ