tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

ブログを続けるには

投稿日:2018年5月14日 更新日:

 

先日、ブログを書くことをオススメしましたが

 

わたしはなるべく毎日書こうと思ってまして。

 

しかしブログを毎日書くというのはなかなか大変なことですね。

 

書く内容がない。ただの日常を過ごしているだけですから。

 

いつでも、冒険があるわけではなく。

 

いつでも、発見があるわけでなく。

 

いつでも、変化があるわけでなく。

 

日常は日常ですから、書くようなことが頻繁には起こらない。

 

「日常」「非日常」という言葉があります。

 

「着物」はよく「非日常」に分類されるものです。

 

「非日常」のカテゴリーだから、着物を着ると写真撮りたくなるし、

 

着物レンタルも「非日常を楽しみたい」というエンタメなんだと思います。

 

そんな「着物」を「日常」にしたい!と思って取り組んでいた若き日。。。

 

昔の言葉では「ハレ」と「ケ」とか言ってたのかな。

 

「非日常/ハレ」のときは、イベントですから。

 

写真も撮るし、ブログも書くでしょう。

 

「日常/ケ」のときは、ネタを探すのが大変。

 

ただそのあたりの景色を撮って、何が記事になるかと考える。

 

【着物屋ブログ】として書くなら、「着物」に特化すればいい。

 

このブログは「着物」に特化するかもしれない。

 

でも最近はまったく着物に触れていない。。。

 

ブログの方向性も考えてるんです、着物のお役立ちブログなのか。

 

わたしのひとりごとをツラツラと並べるブログなのか(あ、妻も書いてるんだった)

 

こちら↓にも書いていますが

漂流する着物屋

 

現在は、着物のある景色を切り取っていきたい、と考えてます。

写真で、わたしたちがモデルで、お互いがお互いを撮る。

世界のありえないところに着物のある景色をつくる。

そんな楽しみを今は持っています。

なので、ブログにそんな写真を載せていけたらな〜と考えてるんです。

話が逸れましたが、、「日常/ケ」のときのネタに困るんですね。

 

 

”日常は日常ですから、書くようなことが頻繁には起こらない”

と言いましたが。

 

最近、

『でもこれが10年後に読まれるものだったら、

「日常」も10年後は「非日常」なんじゃない??』

と考えてみたりして。

 

書く必要のないような日常も、

未来の人は面白がって読んだりして。と。

現代を生きるわたしたちに必要な身の回りのツールが、

10年後の人には

「スマホ?そんなもの使ってたんだ〜」

になってるかもしれない。

「インスタ映え」ってあったらしい、

ということが面白がられたりして。

 

実際に、わたしは昔の生活が気になる。

MBCニューズナウのエンディングのあと、

18:55から流れる「昭和のふるさと」が好きです。

白黒だったりするから、画面に食い入るように見てました^^;

 

あと、着物の世界に”洗い張り”という作業がありまして。

今では大変な作業だから業者さんに頼むことが一般的ですが、

昔はこの作業、自宅でみんなしていたそうなんです。

大きな板があって。着物を解いて洗って板に貼りつけて。

 

そんな風景、見てみたかった。

 

今ある身の回りのツールも、10年後に消えてたりする。

https://ayarawat.com/2018/03/19/post-0/

だから、今、当たり前にあるもの、「日常」を切り取る。

そんな意識も持っておけば、毎日ブログ書けないかな〜と。

 

今、電車に乗ると飛び込んでくる光景。

「ほぼみんなスマホと向き合ってる」

 

あの光景は今見ても「面白いエンタメ」だと思うんですが、

未来の人が見て、「なんか首痛そうだね、手が疲れそうだね」

って感想持ったりするとおもしろい。

 

 

ブログを書くことを続けて、

文章力とか「日々を切り取る能力」の向上!

書いていれば自然と身につく気がします。

頭の中では書けたのに、画面に文字が出てこないよ。

 

わたしたちが何気なく過ごしている日常が

未来では最高のエンタメの可能性もありますよね〜





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

  年間とおして、着物のお仕事だけで 生きていけたら幸せなんだろうか??   着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。 細部を季節や格で変えたりするけれど。   …

no image

世界中を駆け巡りたい、なんの能力もないけど。

この歳になって(約40歳〕やりたいことが少し見えた。 世界中を駆け巡りたい。 英語喋れないけど。 海外怖がってるけど。 お腹すぐ壊すけど。 役立つ能力を全く身につけず生きてきたけど。 あ、 着物を畳む …

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

あきない飽きない商い

続いていることが賞賛や信頼に繋がる。   続くことに意味もあるんだろうけど、   続けようと思って今の仕事に取り組むのか、   取り組んでいたらいつの間にか永く続いていた …

妄想のおはなし。

9月になりました。まりこです。 あと2日、あと1日。 ただ、ひたすら次のお休みだけを考えて働いております。 8月は繁忙期のおかげで残業60時間以上。 計算したところtawaraya時代の3倍のお給料を …




最近のコメント

アーカイブ