「 着物のこと 」 一覧

no image

2018年、平成30年、よろしくお願いします。

2018/01/01   -着物のこと

 

年末は年末らしく。

ガソリンスタンドの横にある洗車コーナー。   昨日あたりから混雑してる。   順番待ちの列ができてる。   人って可愛いなあと思う。   新年までに今年の汚れを …

ひと息ついてもいいのかな、師走。

  企画展を終えて、   大々的に企画をうつことが合わない気がしてきたもので、   誰か一人の「ほしい」に応える形で企画をうちました。   大勢に知らせるわけで …

久留米のもめんをもとめて

  明日からはじまる企画展のため、さっと車を飛ばし久留米へ。   行かなければ見つからない、行くと見つかる。   季節も相まって、薄い、淡い、よりも、濃く、黒く、深く、 …

12月のポエム

今週末は美山にて、来週は名山にて企画展を開催します。 ——————————&#8 …

朝日新聞掲載いただきました。

もう先々月になりましたが、10/27付の朝日新聞の「」欄に掲載していただきました。   ちょうど窯元祭りの前に美山のことをPRして頂けるというお話があり、   また記者さんの「竹林 …

着なくなった着物が再生するときもまた喜びが生まれる。

——————————————&# …

10回目だった美山窯元祭りを振り返って。

前回の記事を書き出したときに気づくという失態。   10回という節目の美山窯元祭りがすーっと終わりそうだったので振り返ろうかなと。   毎年、11月3日をはさむように3〜5日間と開 …

明日から美山窯元祭り

明日、11/3から5日まで「第32回 美山窯元祭り」です。   弟の店「竹取食堂 休庵」の隣で、 来年の干支もの雑貨を販売したり、セール品を出したりします。   お祭りの時は着物関 …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …

今もがいてる人は、たぶん間違ってない。

ちょうど一年前にも行ったライブに、今年も行けた。   そしてまた思い出した、ちょうど一年前くらいからもがき出したな〜と。   種はその前から随分とあって。違和感がよくわからないまま …

no image

昔からあるものを、自分のものにしていく。

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。 自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。 また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。 理想は、自分 …

no image

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

2017/10/20   -着物のこと

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。   自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。   淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。   肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれから …

いいものは手に入らなくなる。

勝手な分析。   「いいものは手に入らなくなる。」   前々から思っていたのですが、   入らないは言い過ぎで、入りにくくなるだろう。。   陶芸家のように、自 …

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

no image

作り手には、伝えたい何かが、力が大きい。

2017/10/16   -着物のこと

ただいま西陣坐佐織の企画展を開催中。月曜まで。   9月にお会いしたばかりの佐竹さんに会う。 相変わらず元気で、出てくる言葉や会場で起こる事象が神がかる。 福の神のように、お客様を感動させたり、冗談を …

no image

世界中を駆け巡りたい、なんの能力もないけど。

2017/10/09   -着物のこと

この歳になって(約40歳〕やりたいことが少し見えた。 世界中を駆け巡りたい。 英語喋れないけど。 海外怖がってるけど。 お腹すぐ壊すけど。 役立つ能力を全く身につけず生きてきたけど。 あ、 着物を畳む …

no image

やりたいことがないから、需要のあるとこにいける。

2017/09/30   -着物のこと

自分のやりたいことが、 世の中の役に立つのかどうかよく分からない。   ただの自己満足になる可能性がある。 しかし、世の中の役に立つことは大小の組織が用意する。 そこに属して役に立てばいいとも思う。 …

no image

私という着物屋は偏っている。

2017/09/24   -着物のこと

私が思っていた「良い着物屋」とは何だったのか?   ・「欲しい人に欲しいものをちゃんと届ける」 ・ 下品なことをしてはならない。 ・ 着物にふさわしい人になろう。 ・ この人から買ってよかったと思われ …

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …




最近のコメント

アーカイブ