長襦袢のたたむ

義母のいろは長襦袢をお借りして長襦袢のたたみ方講座。
たたみ一畳あればたためます。
うまく言葉で説明が難しいので写真でご理解ください。


1.襦袢をひろげて右側に座る。(最後まで右側に座ったまま)


2.裾からたたみます。下前を縫い目に合わせて折りたたむ。


3.上前を縫い目に合わせて折りたたむ。


4.たたむときはしわを伸ばすように手でアイロンをかけるように撫でながらたたんでください。


5.下前と上前を中心に向けてたたむ。


6.裾をたたんだらくずれないように中心へ折り、仮にたたんでおく。


7.襟元のしわを手できれいに伸ばす。


8.右袖からたたむ。


9.袖口がはみ出さないように折り返す。


10.左袖も同時ようににたたむ。

11.最後に裾部分を半分に折って終了。
このたたみ方は義父から教わったのですが、半分にずつたたむので
たたみ一畳あればどこでもたたむことができます。
襦袢を誂えたときの最初の折線を目安にしてください。

 

投稿日:2018年2月15日 更新日:

執筆者:




最近のコメント

アーカイブ