憧れの人

日々思うこと

以前はこだわりを貫いたお洒落な店で

かっこよく品よく働いてる素敵な大人に憧れてました。

今一番羨ましいのは、

目の前のものしか見えない若者。

出稼ぎ先で出会ったキラキラの若者たちを見て

わたし年取ったなぁ〜と実感。

tawarayaを始めた25歳の時は目の前のことしか見てなかった。

社会に出たばかりで知らないものが多いから、

勢いだけでとにかくやってみる

大人から見たらアホみたいなことができちゃう若者。

あと、自分の好きなことしかできない人。

息をするみたいに、それをしないことを我慢できないぐらい好きなものがあって

そればかりやってしまう人。

羨ましい。

tawarayaを閉めてから

お洒落なお店をやってる人よりも

好きなことをやってる人が羨ましくなりました。

いや、きっとそのお洒落なお店の人も好きなことを追求しているから

幸せなはず。

ただ、以前のわたしは表面的にしかその人を見ずに憧れていたのだと思います。

好きなことを見つけてそれをできている人は

金銭的には損をして見えても

脳内に幸せ物質がたくさん出て人生得してるんじゃないかしら。

素直に純粋に無垢に赤ちゃんみたいに

他者の目も気にせずに

自分の気持ちだけ感じて動けるようになったら

夫もわたしもみんなも今頃何をしてるんだろう。

夕方庭で見つけた野いちご。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました