今必要ないもの、スーパーのレジ待ち。

ポエム

今必要ないもの、スーパーのレジ待ち。

 

スーパーのレジが混んでるのに、近くで品出ししているバイトの子たち。

レジ混んでますよ。隣りのレジ開けて。と、言いそうになる。この気持ち要らない。

 

稼働しているレジが全て3、4人待ちで並んでる。

遠目で、どの店員さんが素早い動きをしているか。

よく行くスーパーだと、ベテランと新人は見分けがつく。

よく観察してから並ぶ。という事前チェック。これ要らない。

 

レジの店員さんの動きだけでなく、並んでるお客さんの観察も忘れない。

年齢、性別、カゴの中の物量、若者の方が早く、おばあちゃんの方が遅い。

この分析、要らない。。

(しかし先日、前のおばあちゃんがEdyでスムーズに会計。驚いた。)

 

事前チェックの結果、並ぶレジを決めたが、

前のお客さんがカゴに入れたものの値段がわからず、レジを飛び出していく店員さん。

レジ選びを失敗した。。。あっちのレジにすればよかった。。この敗北感要らない。

 

こんな結果になってしまってイライラしている自分に、

「心の広い人間になれ」と諭す自分、要らないー。

イライラしてても「わたしにはゆとりがあるよ」と、

平静を装い、心の広い人間を演じている。要らない。

 

大きなカートの上と下にカゴを入れて、

両方とも満杯で、こんな物量が入る冷蔵庫があるのか??

週に一度の買い出しなのかな??と、

ふと思ってしまう買い物客が大型スーパーに行くと結構います。

そんなに必要?いや要らない。

 

こんなこといちいち考えてしまう自分が要らないんですけど。

 

 

無人レジが当たり前になると。

要らないと言ってたものが、無くなる。嬉しい。ありがたい。快適。

 

でも、

要らないと言ってたものが、人間が関わっていたという温かさで。

 

いつか懐かしく思い出すことがあるのだろうか。

 

いや、そんなこと思い出すこともなく、

また別の不平不満を見つけてぼやいているだけだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました